【劇場版名探偵コナン】警察学校組の仲間たちが次々と消えてゆく…! 安室さん1人だけ残る公式サイトが悲しすぎると話題に

拡大画像を見る

先日Pouchでもご紹介した、2022年公開予定の劇場版『名探偵コナン』の新作ビジュアル。

人気キャラクター・安室透(本名:降谷零)と殉職した同期4人、通称「警察学校組」が、ハロウィンを通じて「年に1度の待ち合わせ」をしているシーンが話題となりました。

しかしハロウィンが終わるや否や、新作ビジュアルに変化が……!

警察学校組が、1人、また1人と、消えてゆく現象が起こっており、ネットには悲しみの声が広がっているんです。

【1人消えちゃった…!】

変化が起こり始めたのは、ハロウィン翌日の2021年11月1日。

映画公式サイトに公開中の新作ビジュアルから、原作でも最初に亡くなった萩原研二がスーッと消えてしまったではありませんか。

時を同じくして、映画公式ツイッターには、荻原の死因「爆弾解体中に殉職」の文字が……!

【みんなのメッセージが悲しい】

これを境に、諸伏景光、松田陣平、伊達航が殉職した順番に消えていき、11月5日15時現在残っているのは、安室さんただ1人

しかも、警察学校組の面々は、消える直前にメッセージを残しており、その内容があまりにも切ないんですよ。

荻原「そん時は、仇を取ってくれよ」
諸伏「じゃあな、零……」
松田「どうやらお前との約束は……」
伊達「おまえに、任せたぜ……」

みんな行かないで……お願いだから、安室さんを1人にしないで……(涙)。

【そんなこと言わないでください!!!!!】

こうして消えていった、警察学校組の仲間たち。また、安室さんが1人となった今、映画公式サイトには

「僕もそっち側がよかったよ……」

というメッセージが表示されており、胸をかき乱される人が続出。ツイッターには、「意味深すぎる」「辛い」「そんなこと言わないで」といった声が寄せられています。

【11月7日に何かが起こるかも?】

ちなみに、11月7日は萩原と松田の命日

この日、なんらかの発表があるのではないかと推測する人も多いようです。

この週末は、公式サイトやツイッターをこまめにチェックしておくといいかもしれません。

参照元:劇場版『名探偵コナン 2022(仮)』、Twitter @conan_movie
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 11/5 17:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます