『マリグナント 狂暴な悪夢』、“ガブリエル”の正体に迫る最終予告映像解禁

拡大画像を見る

 ジェームズ・ワン監督の最新作『マリグナント 狂暴な悪夢』より、ワン監督が生み出した新たなホラーアイコン“ガブリエル”の正体に迫る最終予告映像が解禁された。

 本作は、『死霊館』ユニバースの生みの親で、『ソウ』や『インシディアス』シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けてきたジェームズ・ワン監督が、 自ら書き下ろした完全オリジナルストーリー。

 ある日を境に、目の前で恐ろしい殺人を目撃するという「悪夢体験」に苛まれはじめるマディソン(アナベル・ウォーリス)。予測不能な素早い動きと超人的能力で、人々を殺していく漆黒の殺人鬼。彼女が夢の中で見た殺人の数々は、現実世界でも起きてしまう。殺人が起きる度、マディソンはリアルな幻覚のように殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の秘められた過去に導かれていく。そして、ついにその邪悪な手がマディソンの元へ届くとき、その“狂暴な悪夢”の正体が明らかに…。

 最終予告映像は、主人公マディソンが母と共に「マディソン 9歳の誕生日」と記された、家庭の誕生日パーティーを記録したビデオを再生する場面から始まる。一見幸せそうなそのビデオには、当時9歳のマディソンがほかの誰にも姿は見えない「誰か」と会話する姿が。母が誰と話しているのか尋ねると、彼女は「ガブリエル」と答える。

 そのビデオを見たマディソンは、幼い頃自身に何かが起こったのではないかと尋ねると、母は「あなたはすごく傷ついていた。その痛みを癒やすために彼を創り上げたのね」と答える。恐ろしい悪夢体験で見た漆黒の殺人鬼が、幼い頃の“空想上のお友達・ガブリエル”だったことを知るマディソン。幼い頃の記憶を蘇らせ、“ガブリエル”の謎を紐解こうと催眠療法を試みる。「そこにいる。ヤツの名は…ガブリエルよ」「私のすぐそばにいる」。しかしそんな現実と悪夢の境界線の中で、“ガブリエル”の行動は次第にエスカレートしていく。

 映像にはそのほか、ワン監督が「今までにないジャンルの作品を作りたかった。一方で、ホラーへの原点回帰にもなっている。絶対に今までのようなホラー作品にしたくないんだ。だってみんな、想像できないような恐怖を求めているでしょ?」と本作に込めた想いを熱く語る姿も収録。

 さらに恐怖シーンの合間には「あらゆるジャンルを全てブチ込んだ究極のカオスムービー!!」(人間食べ食べカエル/人喰いツイッタラー)、「クラシックホラーの皮を被った化け物級の作品!」(野水伊織/声優)、「2020年代を代表するホラー・アイコンが早くも誕生!」(西川亮/DVD&動画配信データ編集長)といった、本作に寄せられた著名人のコメントも挟み込まれている。

 果たして、“G=ガブリエル”の正体とは。これまで『ソウ』のジクソウ、『死霊館』のアナベルなど、カリスマ的なホラー・アイコンを世に解き放ってきたジェームズ・ワンが新たに生み出した“ガブリエル”の正体に迫る、“新次元の恐怖”に期待が高まる予告映像に仕上がっている。

 映画『マリグナント 狂暴な悪夢』は、11月12日より公開。

関連リンク

  • 11/5 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます