「嵐」と「BTS」に意外な共通点!? ファンをロックオンする「学生ノリ」とは?【画像】

拡大画像を見る

 嵐の櫻井翔(39)、相葉雅紀(38)、二宮和也(38)、松本潤(38)の4人が11月3日、先行開始となったライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の初日舞台挨拶にサプライズで登壇し、話題になっている。

「2020年末のグループ活動休止後、4人がそろって公の場に登場するのは初めてのこととあって、翌日のテレビや新聞、ネットニュースは“4人集結”の話題一色に。映画の宣伝効果もばっちりだったのではないでしょうか」(芸能関係者)

 活動休止中の大野智(40)だけは会場に姿を見せなかったものの、大野らしいメッセージを寄せてファンたちを喜ばせた。

「今回、ファンたちが何よりも嬉しかったのは、久しぶりに4人が揃って公の場に登場したこと以上に、変わらぬ5人の仲の良さが明かされたことではないでしょうか?」(前出の芸能関係者)

■記者が口を揃える「嵐の魅力」とは?

 今回の舞台挨拶のなかで、そのわずか1週間前に、大野を含めて5人がプライベートで飲みに行っていたことが本人たちの口から明かされたのだ。

「その食事の席で、相葉は嬉しさのあまりずっとしゃべっていたんだそう。松本も“相変わらず楽しい時間でしたね”と5人での会食を振り返り、櫻井も“変わらず5人でわちゃわちゃやっていますので、ご安心ください”と語ったのです」(前出の芸能関係者)

 嵐の5人の仲の良さは、数あるアイドルグループのなかでも群を抜いている。

「彼らを取材したことのある記者たちは皆、口を揃えて“嵐の5人はカメラが回っていない間も、ずっとメンバー同士で話していて本当に仲が良い”と言います。若手の頃は仲の良かったグループも、売れっ子になるにつれメンバー間に一定の距離ができてしまうことのほうが多いのですが、嵐はトップアイドルになった今でも仲の良さが変わらない珍しいグループなのです」(女性誌記者)

■BTSは共同生活も!

 それは今回の舞台挨拶上でもそうだった。

「今回の会見を見ていてもそうでしたが、いくつになっても“男子学生のようなノリのわちゃわちゃ感”があるんですよね。しかし、そんなメンバー同士の飾らない雰囲気が人気の一因になっていることは間違いないでしょう」(前出の女性誌記者)

 同じ要因でファンたちの心を鷲づかみにしているアーティストが韓国にもいる。

「それが今や世界的人気を誇るあのBTSです。BTSのメンバー同士の仲の良さは昔から有名な話です。彼らは、デビュー前からわずか17坪ほどの小さなアパートの一室で7人で共同生活を送ってきました。

 デビュー前の共同生活は韓国の芸能界では珍しい話ではないのですが、驚くべきことに、彼らはトップアーティストへと上り詰めた2018年頃まで共同生活を続けていたのではないか、と言われているのです」(前同)

 彼らの飾らない共同生活の様子はSNSなどで発信され、ファンたちを喜ばせてきた。

■嵐とBTSは同じ運命?

「まるで男子学生の共同生活のような雰囲気があり、そこにファンたちが魅力を感じてきたという点では、嵐もBTSも同じだと言えるでしょう。ちなみにBTSのメンバーの今でも変わらぬ仲の良さは、公式YouTubeチャンネル『BANGTANTV』で発信される動画や、動画配信サービス『V LIVE』で伺い知ることができますよ」(前出の女性誌記者)

 2022年には、メンバー最年長のジン(28)が韓国の兵役義務にのっとって入隊するだろうと言われているBTS。そうなれば、BTSも活動休止期間へと突入するだろう。嵐とBTS、日本と韓国の人気者同士がどちらも同時に活動を止めてしまう時期がくるかもしれないかと思うと、なんとも寂しい気がする。

■【画像】コンサート前に盛り上がるBTSメンバーたち!

 10月20日に『V LIVE』上にアップされた動画では、オンラインコートのリハーサルを終えたメンバーたちがトーク。メンバー同士の距離の近さもファンたちに指摘されていた。

関連リンク

  • 11/5 9:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます