水川あさみ、女性誌に「激怒クレーム」も止まない窪田正孝との「夫婦批判」報道…「陰謀論」と「コロナ」への心配の声!

拡大画像を見る

 11月1日放送の月9ドラマ『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系)の第5話の平均世帯視聴率が11.1%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回から11.3%、9.8%、10.8%、10.6%と高視聴率をキープし続けている。

 そんな人気ドラマで主演を務める窪田正孝(33)に、周囲から悪評が噴出していると、11月4日発売の『週刊新潮』(新潮社)が報じた。

 その原因となったのが、9月5日から10月11日まで東京・明治座と大阪・新歌舞伎座で上演された舞台『酔いどれ天使』だという。

 同舞台は桐谷健太(41)が主演を務めたのだが、当初は窪田が主演する予定だったという。

 3月23日発売の『女性自身』(光文社)と3月25日発売の『女性セブン』(小学館)では、窪田が情報解禁の直前になって『酔いどれ天使』をドタキャンしていたと伝えていた。

 窪田は情報解禁の2週間前に舞台をキャンセル。理由は「コロナ感染リスクを避けるため」だったとされる。

 しかし、『週刊新潮』によると、窪田は9月27日からNHKで放送された時代劇『土方のスマホ』に主演。同作は1回5分、全6回のミニドラマだったが、放送日がキャンセルした舞台の上演期間と被っていてため、関係者から批判的な声が上がってしまったようだ。

 芸能界には、自己都合で仕事をキャンセルした場合、その期間中には他の仕事を入れることを控える、という暗黙の了解があるという。

「つまり、窪田の場合は9~10月には大々的な仕事を入れられないはずだった。にもかかわらず、仕事をしてしまったわけです。窪田というよりもマネジメントサイドの問題なのかもしれませんが、気になるのは、ドラマの撮影現場での窪田の行動ですよね」(女性誌記者)

■水川あさみ&戸田恵梨香が週刊誌報道に声明で波紋……

 窪田は、撮影現場にコロナ感染対策のためとして、周囲を除菌してくれるスタッフを連れてきており、彼らは周囲から「コロナバスターズ」と言われていたという。また、ロケ弁にも手をつけることはなく、妻で女優の水川あさみ(38)の作った弁当だけを食べていたようだ。

 9月3日の『NEWSポストセブン』でも、窪田が現場で用意されている食事には手をつけることなく、水川に持たされた弁当を食べていたという関係者の証言を掲載している。

「窪田は自身に来たオファーも妻の水川に相談しているそうです。主演舞台を降板したのも水川の意向だという話も聞こえてきています」(前出の女性誌記者)

 水川といえば、10月27日に戸田恵梨香(33)とそろってインスタグラムを更新し、2人の不仲説を報じた女性週刊誌に反論を行った。

 水川は「芸能人が嘘をつくと怒られるのに週刊誌が嘘をつくと怒られないのはなぜですか?」と書き出し、「憶測を元に面識のある女優さん、タレントさんに絡めた数々の悪意ある記事。事実無根だと言っても強行突破で発売され、その後の追い記事にもかなり目に余るものがあります」と怒りを露わにした。

 さらに「どうしてこんな信憑性のない、嘘にまみれた言葉で傷つけられなくてはならないんだろう。だれかがわたしを攻撃して、何かが足を引っ張ろうとしているんではないかとさえ思えてしまう」と心境を吐露。

 また、「わたしは役者という仕事をしています。私がこの世界にたずさわっているのは良い作品に出会い素晴らしい監督や面白いスタッフ尊敬する役者さんと一緒に作品に参加してお芝居したい、ただそれだけです」とし「ただそれだけの人間なもんで…だからわたしのsnsや私生活のほんの一部にも満たない何かをトリミングして面白おかしく悪意ある記事にして、あくまで噂ですから~で通すのやめてくださいね。どうかその労力を、素晴らしい愛あるクリエイティブなものに活かせますように」と投げかけた。

■「コロナバスターズ」も水川あさみの“陰謀論”から生まれた!?

「戸田とともに声明を出したことで、水川に対して“頑張って”といった同情の声も多数出ています。ただ、水川が批判の対象にしたと思われる戸田との不仲説を報じた10月25日付の『週刊女性PRIME』の記事は削除されていません」(夕刊紙デスク)

 水川はインスタで「憶測を元に面識のある女優さん、タレントさんに絡めた数々の悪意ある記事」と指摘したが、『週刊女性PRIME』は同記事をWEBサイトに現在も掲載している。

「同サイトには、水川のインスタから削除されたという戸田とのツーショット写真も掲載されています。『週刊女性PRIME』は記事に一定の自信を持っていることがうかがえます。

 そんな中、どちらかというとお硬い総合週刊誌である『週刊新潮』が窪田や水川に対して、新たな記事を出したわけです。水川に対する同情的な声が上がる中での厳しい論調の記事。こうなるとやはり、水川の周辺で“何か起きているのではないか?”とも考えてしまいますよね。

 さまざまな媒体で報じられているように、水川はここ最近、“陰謀論”について口にすることが多く、コロナ関連でも科学的に“どうなの?”と思えることでも取り入れて、それを周囲に話すこともあるそうですからね。“コロナバスターズ”もそのうちの1つなのかもしれませんね」(前同)

 9月4日の『NEWSポストセブン』によると、懇意にしているハイパーメディアクリエイターの高城剛氏(57)の影響なのか、水川が陰謀論めいたことを熱く話すこともあるという。

 高城氏はメルマガやブログで、瞑想や断食、大麻の素晴らしさを語ったり、“コロナに効く”というサプリメントを紹介している。水川はそんな高城氏から熱心に情報収集をしているという。

 また、前出の『週刊女性PRIME』でも、水川が周囲に「コロナは陰謀だ」「肉はやめて酵素が含まれるものを食べたほうがいい」といったことを周囲に話すようになったと伝えている。

■コロナ警戒なのに夫婦そろって「鼻出しマスク」のナゼ

 前出の夕刊紙デスクが続ける。

「窪田が“コロナ感染リスクを避けるため”に舞台をドタキャンしたり、“コロナバスターズ”を連れていることからもうかがえるように、窪田も水川もコロナ感染を警戒し、恐れているのはたしかでしょう。にもかかわらず、2人は鼻を出してマスクを装着しているんですよね」

 9月4日の『NEWSポストセブン』には22枚の写真が掲載されているが、その多くの写真で、窪田も水川もマスクから鼻を出している。

「一度だけではなく、複数回そうした“鼻出しマスク姿”が撮られている。コロナを怖がっているにもかかわらず、鼻を出してマスクをつけるというのはどういうことなのか……。一連の“世間ズレしている”とも思えるような水川・窪田夫妻の言動に、芸能界では心配の声も上がっているといいますね」(前同)

 水川・窪田夫妻に何が起こっているのか――今後も2人を巡る報道は続きそうだ。

関連リンク

  • 11/5 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます