「科捜研の女」奥山かずさ登場で再注目された“上向きCバストと美ヒップ”

拡大画像を見る

 女優でモデルの奥山かずさが、10月28日放送の「科捜研の女 Season21」(テレビ朝日系)の第2話にゲスト出演。殺人事件を巡る第一発見者役として登場しファンを沸かせた。

 奥山は2018~19年に放送された特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)の明神つかさ(パトレン3号)役でブレイク。推定Cカップの上向きバストにド迫力のマシュマロヒップが新パパ世代の目に止まり、一躍、人気者に。9月30日に発売した3冊目の写真集「月刊 奥山かずさ・想」でも、ロケ地の奄美大島での艶っぽい姿を披露し話題となっている。

 そんな彼女の「科捜研」登場にネット上では「相変わらず可愛かった。写真集のイヤラしい姿と見比べてさらに興奮した」「特撮時代からあのボディが好きなんだよな。今回もセーター越しに形のいいバストがよかった」「安めぐみとか稲村亜美系のベストなヒップ。女優でももう少し大胆な姿を見てみたい」などと、大きな反響を呼んでいる。

「特撮時代も、あまりに魅力的なボディに子どもたちよりお父さんたちが食い入るように視聴していたのが印象的でしたね。バストはCカップと決して特大ではありませんが、安産型の大きなヒップがチャームポイントで、写真集では下半身を強調した垂涎モノのカットを連発しています。これからドラマでも、ドンドン体当たり演技を披露してもらいたいですね」(グラビア誌ライター)

 女優としてはまだまだ駆け出しの奥山だが、男性ファンの期待に応えるべく、さらなる活躍を期待したい。

(ケン高田)

関連リンク

  • 11/4 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます