スペインでの日本人対決はドロー決着…柴崎はフル出場で奮闘、岡崎のゴラッソは幻に

拡大画像を見る

 ラ・リーガ・スマートバンク(2部)第14節が2日に開催され、MF柴崎岳が所属するレガネスとFW岡崎慎司の所属するカルタヘナが対戦した。ボランチで先発した柴崎はフル出場を果たし、2トップの一角で先発した岡崎は72分に途中交代している。

 カルタヘナは12分、アルフレッド・オルトゥーニョがPKを決めて先制に成功。だが一方のレガネスも27分、左サイドからのクロスを最後はフェデ・ビーコが押し込んで、試合は1-1の振り出しとなる。

 すると迎えた35分、右サイドからの浮き球のパスに岡崎が抜け出すと、絶妙なファーストタッチでマーカーを外して左足を振り抜く。ニアサイドを射抜いたボールは見事にゴールネットを揺らしたものの、抜け出したシーンがVARの末にオフサイドの判定となり、岡崎のゴラッソは幻のものとなる。

 試合はスコア変わらずに後半へ進むと、両チームはともに決め手を欠いて最後までゴールに至らず。雨が降りしきるなか、柴崎もラストワンプレーとなったミドルを放つなどレガネスの攻撃に絡んだものの、日本人対決は1-1のドローに終わった。また、不振が続いたレガネスにとって、メディ・ナフティ新監督の初陣となった試合だったが、白星で飾ることはできなかった。

関連リンク

  • 11/3 9:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます