心が震えた…40代で婚活女性が涙したプロポーズ実話

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/255667/ )

オトナサローネでは40代50代でオトナ婚をした人にアンケート調査を実施。

 

さまざまな恋愛を経験し、酸いも甘いも噛み分けた40代独身女性は、どんなプロポーズで結婚を決意するに至ったのか?

 

そのシチュエーションや受けた言葉をご紹介します。後編です。

 

 

入籍日前日、バラの花束と共に

「ずっと一緒にいたいので結婚してください」

 

こちらはりすこさん(結婚時43歳)が、お相手のうっしーさん(結婚時38歳)から受けたプロポーズです。

 

お付き合いしているときに住まいの更新があり、一緒に住むことを決めたというお二人。お互いの両親に報告すると、「結婚するなら」ということが条件で一緒に暮らすことを許してもらったそうです。

 

そのためプロポーズなどはなく、りすこさんは(プロポーズは)そのままスルーされるのだろうと思っていたそうです。

 

しかし、入籍を決めていた日の前日…

 

うっしーさんがバラの花束を差し出し

「ずっと一緒にいたいので結婚してください」と、サプライズのプロポーズ!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/255667/ )

もちろん返事はOK。誠実で真面目な彼とは、結婚して良かったとしみじみ感じているそうです。

 

初めてのデートで「結婚してください!」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/255667/ )

こちらはカコさん(結婚時45歳)がお相手のタカさん(結婚時38歳)から受けたプロポーズです。

お二人の出会いは、仕事関係のセミナー会場へ行くためにバスの中だったそう。たまたま隣同士で座ったことがきっかけで連絡先を交換して、デートすることに。

 

そして、なんと初めてのデートで、タカさんから驚きの「結婚してください!!」宣言!

 

職業が同業だったため、出会った当初からカコさんはタカさんを信頼できると感じたそう。また、当時、タカさんが住んでいたのはカコさんの実家がある都道府県だったこともあり、親近感を覚えたことからお付き合いが始まりました。

 

お付き合いが始まってから結婚まで遠距離恋愛だったお二人。毎日の電話で愛を育んだそうです。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/255667/ )

カコさんは「この人を逃したらもう後は無い」と感じ、また周りからもアドバイスを受けて、出会いから4ヵ月でスピード入籍。

 

結婚から2年経った現在も、「これ以上の幸せはないほど幸せ」と感じているそうです。

 

 

今回ご紹介した3つのプロポーズ実例は、シンプルでスマートな言葉ながら、心を動かされるシチュエーションでした。

 

こんなドラマティックなプロポーズは、話を聞くだけでも嬉しいものですよね。

 

 

関連リンク

  • 11/2 11:31
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます