唐田えりか「映画復帰」も再批判、東出昌大は「スルー」、近藤真彦「今度は即謝罪」の一方、伊藤健太郎は…ヤラカシ芸能人「残酷明暗」のワケ!

拡大画像を見る

 2020年1月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、当時女優の杏(35)と婚姻関係にあった東出昌大(33)との不倫が報じられて以降、活動が停滞していた唐田えりか(24)がいよいよ本格的に動き出すようだ。

 10月28日付の『NEWSポストセブン』が、『死体の人(仮)』と題した映画で唐田がデリヘル嬢で主人公の恋人役を演じると報じたのだ。

「この作品が唐田の本格復帰作となり、撮影は10月上旬からスタートしているといいます。唐田は、専門誌での連載やファッションブランドの短編映画に顔を出すなどしていましたが、不倫相手の東出が10月8日公開の映画『草の響き』で主演を務めるなど、続々と仕事が決まっているのに比べると、厳しい状況が続いていました。

 東出との差も感じられたからでしょうか、“もう許してあげようよ”など、唐田への同情的意見がネットにも寄せられていましたね。彼女を応援するファンにとっては、いよいよ待望の本格復帰と言えそうです」(女性誌記者)

 同情論もある一方で、「東出は公の場で謝罪、説明してる。唐田はそれもせず、更に家族が火に油を注ぐ発言をした」「東出がどうであれ、唐田えりかの犯した罪は消えない。 匂わせや、謝罪もせずに息を潜めてしれっと復帰しようとしてきたことを忘れてはいけない」といった、厳しい声もまだまだ上がっている。

「指摘があるように、東出と唐田では、不倫騒動に対しての説明、釈明があったかどうかが違いますよね。東出は、昨年3月に“謝罪会見”を実施。“杏さんと唐田さんのどちらが好きか?”と聞かれて素直に“杏”と答えられないなど、ボロボロの会見とも言われましたが、やはり会見を開いたという事実は大きい。

 本来、不倫というプライベートなことで世間に謝罪をする義務はないのですが、彼らの仕事は、応援してくれる人あっての芸能人。ですので、会見など説明の場がないと“みそぎが済まない”というところでしょうか。東出と違って、唐田はまだ公の場で語っていないため、そこに対しても批判の声がまだ出てしまっているようです」(前同)

■不倫騒動はスルーでも不正受給は即謝罪のマッチ

 東出には、今年10月14日発売の『週刊文春』で新恋人の存在が報じられるという新たな展開があった。

「今回東出は、撮影のために滞在していた広島県呉市のホテルに、新恋人のAさんを呼んでいたとも報じられました。この一件に、2億円とも言われる違約金を肩代わりし、東出の再スタートを可能な限りサポートしていた彼の所属事務所の女性社長がカンカンに怒っているとの話も聞こえてきます。

 ただ、東出は現在は独身で、自由に恋愛することに文句を言われる筋合いはない。女性社長が怒っていると言っても内輪の話ですから、不倫と違って公で何かを言う必要はよりなく、今回、彼が表に出てきて話すようなことはないでしょうね」(前出の女性誌記者)

 なんでもかんでも謝罪するわけではなく、内容によって対応が変わったというケースは他にもある。

 2020年11月発売の『週刊文春』で、一般女性と5年にわたって不倫関係にあると報じられ、その後ジャニーズ事務所を退所した近藤真彦(57)は、今年10月28日発売の同誌で、経営するうどん店が、GoToEatキャンペーンを不正に利用して、利益を得ていたと報じられた。

「近藤は不倫報道が出た直後、当時所属していたジャニーズ事務所を通じて謝罪文を出しましたが、公の場に出てきての明確な釈明などはないまま、今年の4月にジャニーズ事務所を去ってしまいました。そのせいか、いまだに“近藤真彦ずっと不倫してるイメージしかない”“何人の女性を不幸にしたら気が済むんだ?”といった声がネットにも寄せられています。

 しかし、今回の不正受給報道では、近藤自身が主導して不正が行なわれたものではないにもかかわらず、近藤は事務所を通して『週刊文春』の取材で内容を認めて謝罪。さらに、“弊社従業員に対する社会人としての責任意識の徹底を進めていきたい”とし、すでに不正に関与した店長を処分したとコメントしています。

 不倫騒動と今回の件でかなり対応の差が分かれていますが、不倫と違って不正受給は犯罪にもなり得る行為。だから迅速に対応し、『週刊文春』にも謝罪のコメントをしたのでしょうね。ただ、近藤から“社会人としての責任意識”という言葉が出ると、インパクトがありますね」(夕刊紙デスク)

■不起訴処分後に続けた謝罪

 俳優の伊藤健太郎(24)は10月28日、東京・シアターグリーン BASE THEATERで行われた主演舞台『SOULFUL SOUL』のステージに立った。

 伊藤は、2020年10月、東京・渋谷区の路上で乗用車を運転中、2人乗りバイクに衝突し、現場から立ち去ったとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕・送検され、今年3月25日に不起訴処分となっていた。

 伊藤は、事故からちょうど1年となる10月28日の舞台の終演後、目を赤くしながら深々と観客に頭を下げたという。

「伊藤は3月に不起訴処分となった当日に直筆の謝罪文をインスタグラムに公開。その後、4月28日発売の『週刊新潮』(新潮社)、さらに5月1日放送の『新・情報7Daysニュースキャスター』(TBS系)のインタビューに立て続けに応じ、謝罪の言葉を述べています。

 さらに、6月29日にもインスタグラムでオフィシャルファンクラブ『GOLONDRINAS』の立ち上げた際、“僕が起こした事で多くの方々にご迷惑をお掛けし、ご心配をおかけしました”と、改めて謝罪をしているんです」(前出の女性誌記者)

■事故から1年、激励の声も……

 さまざまなメディアで謝罪をした後にも、伊藤には「伊藤健太郎とか出てくんなよ ひき逃げとか引退だろ」といった批判の声もネットには寄せられていたが、一方で、「新たな気持ちで頑張ってくれ いろんな人の支えやファンの方々のありがたさがわかったと思います ただ真っ直ぐに俳優道を進んでほしい」「きっと生きていれば何度でもやり直せて、誰かが必要としてくれる。頑張れ、取り戻せ」など激励のコメントも多く見られる。

「ファンクラブ立ち上げの際にも“ファンから金を巻き上げようとしてるのか”といった批判が起こるなど、厳しい声はずっとありました。ただ、その一方で伊藤の場合は、激励の声もかなり多いんです。ファンはもちろんですが、そうではないと思われる人からも応援のコメントがありますし、事件後に比べると、彼のイメージはかなり改善しているようです。

 伊藤が、こうした自身にとって味方となってくれる存在を獲得できているのは、釈明や謝罪から逃げなかったことにあるのではないでしょうか。SNSに始まり、週刊誌にテレビにと、伊藤は矢面に立って事件について自分の口でしっかりと説明をしていました。

 それによって批判も起きましたが、ちゃんと事件と向き合ってきたことで徐々に事態が変わりつつある。スキャンダルの事後対応は、上手くやれていると言えるのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

 伊藤が、主要キャストの伊藤真司役を務めたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系=以下同)が、10月7日深夜から関東ローカルで再放送がスタート。昨年4月からFOD、Amazon Prime Videoで配信された伊藤の主演作『東京ラブストーリー』のリメイク版も、10月12日深夜からフジテレビ(関東ローカル)で放送されており、新規のコンテンツではないものの、地上波にも姿を見せている。

 ボロボロになりながらも謝罪を続けた伊藤に明るい未来は訪れるのだろうか。そして、唐田、東出、近藤の今後は――。

関連リンク

  • 10/31 8:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます