大好きだけど...男が彼女と居て「つらいと感じる瞬間」って?

拡大画像を見る


心の中では好きだと思っていても、彼女といるとつらくなる男性は多いようです。それは、一緒にいても居心地のよさを感じられなくなったからかもしれません。
そこで今回は、男性が彼女といて「つらいと感じる瞬間」を解説します。


価値観が違うと感じた

大好きな人と付き合っていても、価値観が合わないと感じることは多いです。話が合わなくても嫌われないため、相手の考え方に合わせようと無理をすることもあるでしょう。
もし彼が、あなたのために我慢をしているとしたら、自分の意見も言えなくなります。そうなると、一緒にいても次第につらくなってくるでしょう。


彼女の話ばかり聞かされる

自分のことばかり話して彼の話を聞かない彼女といると、男性はつらくなります。好きな女性のことだから、彼も最初のうちは快く聞いてくれるでしょう。
それがエスカレートしてくると、彼女のほうが一方的にしゃべるケースが多くなることも。男性は「俺の話も聞いてほしい」と寂しい気分になるでしょう。


行動を束縛される

彼を誰にも取られたくないからといって、行動を束縛してはいませんか?男性は、自由になる時間も持ちたいものです。
たまには男友達と遊びに行きたいと思っても、彼女に束縛されとままならなくなります。イチイチ彼女に断りを入れなければならなくなると、つらくなってくるはずです。


彼女が楽しそうじゃないと感じた

自分と一緒にいるときに彼女が楽しそうではなかったら、彼にとってもつまらないもの。とくに、彼女がネガティブな発言をしていると「俺と一緒にいてもつまらないのかな?」と不安になります。
もし、彼に悩みを相談するとしたらネガティブな言い方は避けるようにしましょう。好きな人とは、楽しい会話で盛り上がるほうがいいですよね。

男性は、自己中心的で思いやりのない行動をする彼女と一緒にいることがつらくなります。やさしさに甘えすぎてわがままになっていては、彼に疲れが出てくるでしょう。
付き合うには、お互いに思いやる気持ちが大切です。甘えるばかりではなくやさしく接するようにすると、彼がつらく感じることもなくなるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/31 6:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます