彼の気持ち理解してる?言われた言葉で判断すること4つ

拡大画像を見る

あなたは彼の気持ちを理解していますか?もしかしたら彼の一言には、言葉とは異なる意味が込められているかもしれません。
今回ご紹介するのは、言われた言葉で判断することです。「この言葉にはこういう意味がある」ということを、ここで把握しておきましょう。


「なんでもいいよ」

彼に「これからどうする?」などと聞いたとき「なんでもいいよ」と答えられたら不満に感じるかもしれませんね。
ですが、これには「俺は君といられるだけで十分」という意味が込められている場合もあります。
それを適当な返事だと判断するのはNG。彼の愛情を日頃から受け取っているなら、いい意味である可能性が高いです。


「誰?」

彼から「誰?」と聞かれたことはありませんか?たとえばあなたが「友達と遊んでくる」と言ったとき。
あるいは、仲良く男友達と話しているときなどですね。そうしたシチュエーションで言う彼の「誰?」には、嫉妬が隠れています。
きっと本心では「男と仲良くするな」と思っているはずです。もし頻繁に聞かれるなら、彼は嫉妬深いタイプの男性。
あまり他の男の存在を匂わせない方がよいかもしれません。


「なにしてるの?」

男性の「なにしてるの?」には、「俺との時間作れる?」という意味が込められています。「暇なら電話しようよ」「時間あるなら相手して」と、彼は思っているはずです。
そこで「なんで?」と聞き返してしまえば、余計に彼は素直になれません。これは彼の「かまって!」のサインでもあります。
忙しいとき以外は応えてあげた方がよいでしょう。


「帰ったら連絡してね」

デートの帰り際などに言われる「帰ったら連絡してね」という言葉。この言葉には、男性の寂しさが隠れています。
本当は大好きなあなたと一緒にいたいと思っているはず。なので、帰っても再びつながりたいという意味で、この言葉をかけてきているのです。
もちろん純粋に、あなたが無事に帰宅したか知りたくて言う男性もいるでしょう。ただその場合も、男性に女性への強い想いがなければ言いませんよ。

言われた言葉で彼の気持ちを判断するのは難しいこと。ですが、素直になれない男性が多いのは事実です。
言われた言葉で彼の気持ちを判断し、すれ違いが起きないようにしてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/30 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます