インテルが第12世代インテル Core プロセッサーを発表! ゲームやクリエイティブで真価を発揮

拡大画像を見る

 米インテル コーポレーションは10月27日、Intel Innovationイベントで、世界最高レベルのゲーミング・プロセッサーである第12世代インテル Core i9-12900Kプロセッサーを筆頭に、6種類のデスクトップ・プロセッサーにより構成されるオーバークロック対応第12世代インテル Coreプロセッサー・ファミリーを発表した。

 最大5.2GHzの最大ターボブースト動作周波数、最大16コア/24スレッドを備えたこの最新デスクトップ・プロセッサーは、エンスージアスト・ゲーマーやプロフェッショナルのクリエーターが求めるマルチスレッドのパフォーマンスを新たなレベルへと引き上げる。
 第12世代インテル Core プロセッサー・ファミリー全体で、60種類のプロセッサーが予定される強力なラインアップを揃えており、これらのプロセッサーを搭載した500機種以上が広範な製品パートナーから販売される予定。Intel Architecture Day 2021で詳報されたとおり、Intel 7プロセス技術を初めて採用した新しい高性能ハイブリッド・アーキテクチャは、9~125ワットの消費電力で、超薄型軽量ノートブックPCからエンスージアスト向けデスクトップPCまで幅広い領域で、あらゆるPCセグメントに対応したスケーラブルなパフォーマンスを実現する。
 10月27日に発表された6モデルのオーバークロック対応デスクトップ・プロセッサーは、インテルが開発した最高レベルの性能を発揮するCPUコアのPerformance-cores(P-cores)と、スケーラブルなマルチスレッド・ワークロードの性能を意図して設計されたEfficient-cores(E-cores)の組み合わせを特長とする、インテルの高性能ハイブリッド・アーキテクチャを基盤とした初のプロセッサー・シリーズ。
 インテルスレッド・ディレクターは、オペレーティング・システム(OS)が最適なスレッドを最適なコアへ最適なタイミングで配置するように誘導し、2つの新しいコア・マイクロアーキテクチャをシームレスに連携させる。インテルは、エコシステムと協働し、パフォーマンスと互換性の最適化を図るために、広範囲にわたるテストを実施してきた。また、開発者コミュニティに対する投資増強の一環として、開発者向けのガイダンスを記載したホワイトペーパーを公開し、ISVが高性能ハイブリッド・プラットフォームでアプリケーションを最適化できる方法を示している。
 第12世代インテル Core プロセッサー・ファミリーの主な特徴として、最大16コア/24スレッドを備え、数多くの人気タイトルで最大限までゲーミング体験を堪能できる。世界最高レベルのゲーミング・プロセッサーであるインテル Core i9-12900Kプロセッサーは、前世代製品と比べてパフォーマンスが大幅に向上し、なかでもA Total War Saga:TROYではFPSが最大25%向上、Hitman 3ではFPSが最大28%向上、Far Cry 6ではFPSが最大23%向上している。
 インテルKiller Wi-Fi 6Eの拡張により、マルチタスクを実行中でもゲームプレイ中のレイテンシーが最大75%低減し、また、高い動作周波数で動作するP-coresとE-coresが組み合わさることにより、並列タスクをオフロードし、ゲームをプレイしながらストリーミングと録画を同時に行った場合に、FPSが最大84%向上するという結果も出ている。
 さらに、マルチスレッド性能の進化、P-coresの優れた応答性、DDR5の驚異的なデータ転送速度により、あらゆるタイプのコンテンツ制作で、業界最高レベルの体験を実現できる。例えば、写真編集のパフォーマンスを最大36%高速化、動画編集のパフォーマンスを最大32%高速化、3Dモデリングのパフォーマンスを最大37%高速化、マルチフレームのレンダリング処理を最大100%高速化している。
 デスクトップPC向け第12世代インテル Coreプロセッサー・ファミリーには、ユーザーの作業を効率化する業界トップレベルの様々な機能が備わっているため、現在だけでなく将来的にも、ゲーミング、コンテンツ制作、趣味と幅広く、ほかにはない体験を提供する。
 なお、第12世代インテル Core デスクトップ・プロセッサー・ファミリーの発表と同時に、インテル 600シリーズ・チップセットも一新し、信頼性とパフォーマンスを向上させる機能を強化した。チップセットにも新たにPCIe Gen 4.0レーンが追加され合計28レーンとなり、またUSB 3.2 Gen 2×2をサポートし、最大2倍の帯域幅を実現した。DMI Gen 4.0はチップセットからCPUへのスループットを拡大し、周辺機器とネットワークへの高速アクセスを可能にする。
 また、インテルは初めてインテル ボリューム・マネジメント・デバイス(インテルVMD)をPCチップセットに組み込み、RAIDコントローラーやほかのハードウェア・アダプターを追加することなくNVMeベースのSSDをPCIeバスから直接管理でき、ストレージ制御の簡素化を図っている。
 オーバークロック対応第12世代インテル Core デスクトップ・プロセッサー・ファミリーは、システムメーカー、チャネルパートナー、小売販売パートナーから予約が可能。量販出荷は11月4日に開始し、30カ国にわたる140以上の企業から、各社のラインアップに最新プロセッサーが搭載され、年内に発売となる予定。
 インテルでは、第12世代インテル Core デスクトップ・プロセッサー・ファミリー K シリーズについて、今年末までに数十万ユニットの出荷を、2022年3月末までに200万ユニットを超える出荷を見込んでいる。また、幅広いデスクトップ向け製品、モバイル製品、企業向け製品へも拡大していき、2022年初めに、第12世代の28モデルのプロセッサーが、OEMパートナーから発売される予定となっている。

関連リンク

  • 10/30 10:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます