知られざるママ友の過去…今後の付き合いにも不安が/ママ友ランチがつらい(4)【私のママ友付き合い事情 Vol.162】


■前回のあらすじ
春奈は、新しいお店開拓を趣味としていることを知らずにママ友グループに入ってしまう。周りの圧力からお店リサーチしたものの、味に文句を言われて解散。そして連日のママ友との付き合いで疲れ果てた結果、家の中は掃除もできていないありさまで…。
この日は麗華さんの予定が合わなかったので、ママ友ランチはお休み。ついホッとしてしまう自分に「このままではいけない」と思いながら、娘のお迎えに行くと…。


このママさんからの忠告は、想像以上に私に重くのしかかりました…。




私のすべてを受け入れてくれる慣れ親しんだ友人から久しぶりに連絡が。彼女は普段から忙しくしていて、なかなか予定が合いませんが、急遽予定が空いたとのことで誘ってくれたのです。

気を許せる友人に話を聞いてもらいたくて、とっさに私はママ友3人に嘘の文面を送ってしまったのでした…。



※この漫画は実話を元に編集しています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/29 20:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます