ブラウン、使用済みシェーバーをリサイクル 参加でキャッシュバックも

拡大画像を見る

P&G(神戸市)の小型家電ブランド・ブラウンは、家電量販店7社と協働し、使用済みの電気シェーバーを回収・リサイクルする「ブラウン、使用済みシェーバーリサイクルプログラム」を、全国の協働家電量販店で2021年11月1日から順次開始する。プログラムに応募すると、キャッシュバックがある。

電気シェーバーは、2012年8月から制定された「小型家電リサイクル法」の対象品目に指定されている。しかし、ブラウンの消費者調査では、電気シェーバーを持っている男性の44.7%が電気シェーバーを家庭ゴミとして捨てていることが分かった。

他社製品も下取り対象に

ブラウンの行った調査では、「電気シェーバーの正しい捨て方を知っているか」という設問に「知っている」と回答したのは23.5%だった。しかし、「知らない」は64.3%と約3倍になったという。

今回始めるリサイクルプログラムは、22年4月から施行されるプラスチック新法に先駆け、使用済み電気シェーバーのリサイクルを促すものだ。

プログラムへの応募は、以下の手順で行う。古くなったシェーバーの本体、または替え刃をスマートフォンで撮影。その後、協力家電量販店に持ち込み、回収ボックスに入れる。キャッシュバック対象となっているブラウンシェーバーか替え刃を購入、ウェブか応募用紙からエントリーできる。

対象機種は、ブラウンシリーズ5、6、7、8、9と、その替え刃。購入品に応じて、500~5000円のキャッシュバックがもらえる。下取り対象になるのは、ブラウン商品、もしくは他社製の男性用シェーバーとブラウンの替え刃のみ。女性用シェーバーやT字カミソリは対象外だ。

回収された電気シェーバーのプラスチックを使用し、植木鉢に再生。「ネコノヒゲ」の種を植えて、子どもへプレゼントする予定だ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/28 19:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます