別れの時はこれに注意しよう!冷めてしまった彼氏への別れの告げ方

拡大画像を見る


好きな人と長く付き合ってくると、お互いの性格や価値観などをある程度は把握できますし、嫌な一面を見る機会も徐々に増えて冷めてしまう場合もあります。
そんな冷めてしまった彼氏に対して、別れを告げようと考えている女性もいらっしゃるかもしれませんが、様々な注意するべきことがあります。
中には感情的になって怒鳴ってくる男性もいますし場合によっては相手を深く傷つけてしまい、トラウマを与える可能性もあります。
そこでこの記事では、冷めてしまった彼氏に別れを告げる時に注意するべきことについてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。


曖昧な別れ方を告げる

彼氏に対して素直にストレートに別れ話を言えずに曖昧な別れ方を告げる女性もいるかもしれませんが、絶対にやめておきましょう。
確かに自分から別れを告げる場合は、なんとなく罪悪感がありますし気まずい空気になりますので、どうしても言葉を濁して曖昧な言い方をするかもしれません。
しかし曖昧な別れ話をしてしまうと、相手に対して余計に不信感を与えますしあなた自身が嘘をついていることになりますので注意しましょう。


LINEや電話で別れ話をする

今ではLINEや電話で彼氏に別れを告げる女性も増えていますが、これは相手に対して失礼ですし単純にあなたが逃げている状態です。
確かにただ付き合っているだけで実際に結婚をしていないので、簡単に別れ話を済ませたいかもしれませんが、一度はあなたも彼氏のことを好きになったことを思い浮かべましょう。
あなたの自分考えな別れ方を彼氏に告げてしまうと、相手の心を深く傷つけてトラウマを与える可能性もありますので注意しましょう。


一方的に自分の言い分を告げる

冷めてしまった彼氏に別れを告げる時に、一方的に自分の言い分だけを告げて話をすると、間違いなく喧嘩になって円満に関係を終わらせられません。
いくら彼氏が原因で別れ話をあなたから告げている状態でも、一方的言ってしまうとただ自己中なのをアピールすることに繋がります。
しかし彼氏もあなたに対して、何かしら不満やストレスを抱えている可能性もありますので、一方的別れを告げるのではなくしっかりと相手の話も聞きましょう。


彼氏にしっかりと感謝の気持ちも伝える

冷めてしまった彼氏に別れを告げる時に注意するべきことは、相手にしっかりと感謝の気落ちも伝えることが大切です。
やはり一度は好きになって付き合っていますし、これまであなたのために様々な場所にデートに連れて行ってくれています。
また様々な思い出をあなたのために作っていますので、しっかりと今までの感謝の気持ちを彼氏に伝えてあげることで未練なく円満に別れることができます。


まとめ

冷めてしまった彼氏に別れを告げる時に注意するべきことは、たくさんありますのでしっかりと把握しておきましょう。
曖昧な言葉で濁して伝えるのではなくしっかりと素直な気持ちになって別れ話を言ったり、直接彼氏に会って自分と向き合うことが大切です。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/27 14:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます