「マジメで誠実」な男性が「嫌みなヤツ」に変わる瞬間9パターン

「マジメで誠実」に見える男性ほど、ちょっとした一言がきっかけで印象が悪くなることがあるようです。ではどんな言動に注意したほうがいいのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「マジメで誠実」な男性がどんな瞬間に「嫌みなヤツ」に見えるのか聞いてみました。

【1】「真面目に勉強しなかったの?」と試験の結果が悪かったことをつっこまれたとき。
「マジメに勉強してたんですけど!」(10代女性)というように、バカにされた気分になるようです。できなかった原因を探るよりも、「次は頑張ろう」と励ましたほうが、女の子も前向きな気持ちになれるのでいいでしょう。

【2】「こんなことも知らないの?」とことわざなどを知らないせいでバカにされたとき。
「偉そうに言ってるけど、生きていく上で必要ないし」(20代女性)というように、無知をバカにされたようで腹が立つようです。ことわざが伝わらないなら、違う言葉に言い直すくらいのやさしさを持っておくといいかもしれません。

【3】「みんなチャラいよねー」と周りを不真面目だと決めつける発言をされたとき。
「なにその上から目線…。マジメすぎるよりマシ」(10代女性)というように、周りの人に対する決めつけも不快なようです。「マジメで誠実」に見える男性の口から出た悪口は、強烈に印象に残ると思っておいたほうがいいでしょう。

【4】「意外と足太いんだね」と体のコンプレックスを指摘されたとき。
「そんなこと言わなそうだから余計にムカついた」(20代女性)というように、人畜無害に見えるからこそ、ダメ出しされるとイラッとするようです。とくに、女の子の体についてのコメントは控えましょう。

【5】「へー、そんなのが面白いんだ」と面白い話をしたのに冷たく返されたとき。
「ガリ勉君にはわからないんでしょうけどね!!」(10代女性)というように、楽しませるための話題に冷たい返答をされるとイラッとするようです。逆に「面白い!」とリアクションすれば、「冗談がわかる人」という高評価につながるでしょう。

【6】「正しくは○○だね」と細かな言い間違いを指摘されたとき。
「意味が伝わればいいじゃん! 細かいよ」(20代女性)というように、話の腰を折られて気分を損ねるようです。その場で言い間違いを正すのではなく、自分が正しい言葉を使うことで、言い間違いに気づかせてあげるくらいのやさしさも必要です。

【7】「女の子は慎ましくあるべき」など男尊女卑の考えを主張されたとき。
「なぜかマジメ君は『女はこうあるべき』っていう幻想を抱いてる」(20代女性)というように、女性に対する決めつけにカチンとくるようです。「○○な女の人っていいなぁ」など、「こうあるべき」ではなく「こうだといいな」という願望を述べるようにすれば、不快感を与えずにすむでしょう。

【8】話をしている最中に、「要するに…」と言って話をまとめようとされたとき。
「知的っぽさをアピールされているようで、鼻につく」(20代女性)というように、人の話を勝手に要訳されると腹が立つようです。話をまとめるのは女の子の話を一旦全て聞いてからにしましょう。

【9】「両親からどんな教育を受けてきたの?」と言われたとき。
「私がバカなのはともかく、親を悪く言うなんて許せない!」(20代女性)というように、両親の教育について言われてイラッとしたという女の子もいます。両親についてのダメ出しは一切せず、例えば「こんな本があるよ」と参考になる書籍を紹介したりすると喜ばれるかもしれません。

ほかにも「こんなことを言ったら、嫌みだと思われた」という経験があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/26 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます