「1日1食半!」76歳・タモリに学ぶ「生涯現役」仰天健康法とは?

拡大画像を見る

 お笑いBIG3の一人、タモリ(76)が、新たな金字塔を打ち立てた。

「約34年間、司会を務める『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が“同一司会者による生放送音楽番組の最長放送”で、ギネスブック認定されたんです。タモリさんは2002年に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でも、“同一司会者による生バラエティ番組の最多放送”で認定されており、これで二冠を達成しました」(芸能記者)

 ギネス二冠の快挙に、本人は「大変光栄。100歳を超えてもやれたら面白いですね」とコメント。衰えぬ“現役魂”を見せた。

「タモさんは数年前から筋トレを始めたそうなんです。なんでも、デビュー当時に披露していた“イグアナのモノマネ”を、いつでも披露できるように体幹を鍛えているんだとか。本当に100歳まで続けられるのでは? と思うくらい、お元気です」(民放関係者)

 実は、タモリは独自の健康法を実践することでも有名。どんな方法なのか、タモリ流の“イグアナ健康法”を紹介してみたい。

 まずは、食生活から。タモリは1日1食半で、「サラダか、おひたしといった野菜ものと、魚を煮たり焼いたり、蒸したり、それと少量のご飯とみそ汁」という小食を公言している。

「お腹が減ってもいないのに、無理して食べる必要はありません。空腹を感じたときに、少量だけ食べるのは理にかなっています」

 と解説するのは、産業医の下村洋一氏。一方で、こう言う。

「ご病気の方が、これを急にマネをするのは危険ですので、注意が必要です。加えて、1食半だけで必要な栄養素を十分に得られるかは、疑問も残ります」

 プロレベルともいわれる料理の腕を持つ、タモリだからからこその健康法なのかもしれない。

 現在発売中の『週刊大衆』11月8日号では、タモリ流の運動やメンタルの管理も紹介。あなたもタモリ流健康法を実践してみては?

関連リンク

  • 10/26 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます