【ブラジルC結果】2番人気グレートタイムが差し切って快勝

拡大画像を見る

 24日、東京競馬場で行われたブラジルC(3歳上・L・ダ2100m)は、中団前でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の2番人気グレートタイム(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)が、先に抜け出した7番人気ゲンパチルシファー(牡5、栗東・佐々木晶三厩舎)をゴール前で差し切り、最後はこれに1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分09秒4(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に6番人気ヴェルテックス(牡4、栗東・吉岡辰弥厩舎)が入った。なお、3番人気ハヤヤッコ(牡5、美浦・国枝栄厩舎)は4着、1番人気ヒロイックテイル(牡4、栗東・本田優厩舎)は13着に終わった。

 勝ったグレートタイムは、父キングカメハメハ、母ミラクルレジェンド、その父フジキセキという血統。昨年6月以来の勝ち星にしてオープン初勝利となった。通算成績はこれで24戦4勝。

関連リンク

  • 10/24 16:03
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます