それは言っちゃダメ!結婚したい男性への【NGワード】って?

拡大画像を見る



男性が彼女にプロポーズを考えていたり、彼女との結婚を意識していたのにいきなりの一言で全く結婚を意識しなくなってしまう言葉が存在します。
無意識にいってしまってる言葉があるかもしれないですし、NGワードを意識するべきです。


結婚した友達が大変そうと告げる

ある程度の年齢になると周りの友達が結婚をし、話を聞く機会が女性なら多いはずです。もちろん、既婚者と独身者ではかなり生活はかわってきますし、既婚者なりの愚痴を聞く機会も増えます。
だからといって聞いたそのままを彼に伝えてしまうのは、絶対にしてはいけないことです。このまま一緒に居たくないの?と誤解を招いてしまうことになりかねませんし、今後結婚というゴールが遠のいてしまいます。


自分の将来の理想像を伝える

自分の将来の理想を伝えることがなぜ、彼に対してダメなのか?理由としてあげられるのは、その将来が彼とともに過ごすことができる内容なのかどうかです。
彼女が彼と一緒にいることを望んだ将来像を告げるのであれば、是非伝えていただきたい内容と言えます。


仕事に対しての気持ちを伝える

男性女性というしばりがなく、どちらも仕事をし実力でのしあがっていくことができる現在、女性も仕事を頑張ることで成果があがるのだと考え、仕事中心に生きていきたいと考える仕事女子が増えています。
もちろん、決してそれが悪いことではないのですが仕事をすることによって、彼との夫婦生活がうまくできるかどうかということにかかってきそうです。もちろん、仕事を頑張ることも重要ですが彼に伝えるときは彼の気持ちを考え伝えることが重要です。


料理が嫌いという

料理が嫌いといったところでなぜダメなのか?残念ながら料理イコール家事が嫌いというイメージが男性の中であるようで、家事がきらいだったら奥さんになれないという考えが頭に浮かぶようです。
男性も料理や家事をする時代ですから決して悪いことではないのですが、男性としては理想の女性像は昔から変わらず家庭的な女性なのです。


まとめ

大好きな彼が結婚というゴールを考えていたのであれば、あなたの発言で諦めてしまうこともあるかもしれませんし、そんなつもりがなかったとしても誤解されてしまう言葉の言い方は気をつけるべきです。
全て自分の言葉を言い換える必要はないですが、彼に言ったらどう思うか?を先に考えた上で発言するべきです。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/23 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます