浴びてしまった紫外線の蓄積を巻き戻す!皮膚科医がすすめるスキンケアテクニック

拡大画像を見る

大人になってからは日焼け止めや日傘、UV効果のあるファンデーションなどで当たり前に紫外線対策をしていても、「小さいころは日焼けで真っ黒だった」「運動部だったから毎日外にいた」という人も少なくありません。
ファッションとして日焼けサロンに通っていた人もいるのでは。

ところがこの「過去の日焼け」、今の肌にも影響を及ぼしているようです。

過去の日焼けが老化を促す資生堂ジャパン株式会社が20代~60代の女性599人を対象に行った調査によると、過去に紫外線を多く浴びた人ほど、現在の肌の衰えや化粧品に含まれる成分が入っていかないという実感を持っていることが分かりました。

過去における日焼け経験ごとに「(意図的に)日に焼けて黒くなったことがある」、「(意図的にではないが)日に焼けて黒くなったことがある」、「日に焼けて黒くなった経験はない」の3グループに分け、

①「年々、肌そのものが衰えているように感じるか」
②「肌にいいものをどんどん入れたいと思っているが、肌に入っていかない実感があるか」


についてたずねたところ、いずれも日に焼けたことがあるグループのほうがそれらを実感している傾向にありました。

肌の衰えの原因は、加齢による自然な老化によるものは2割で、紫外線による「光老化」が8割だといわれます。
加齢による老化よりも、長年さらされてしまう紫外線ダメージの蓄積のほうがはるかに大きな肌の老化原因になるのです。

皮膚科医 日比野佐和子先生が教える「光老化を巻き戻すケア方法」過去の日焼けは今からなかったことにはできませんが、「既に浴びてしまった紫外線ダメージも手遅れだと諦めずにケアすることである程度リカバーできる可能性が高いです」と語るのは、医療法人社団康梓会 Y'sサイエンスクリニック広尾統括院長を務める皮膚科医の日比野佐和子先生。

そこで日比野先生に、光老化を巻き戻すスキンケア方法を教えていただきました。

日比野先生おすすめのスキンケアは、”3回に分けてうるおいを届ける美容法”。

「洗顔後まず、スキンケアの効果をしっかりと受け止められる状態に整えるスペシャルケアアイテムでのお手入れを組み込むことをおすすめしています」と日比野先生。

「紫外線ダメージが蓄積した肌は乾燥して保湿機能が低下していることが考えられるため、一気にうるおいを届けるのは難しいです。
そこで、しっかりと奥までうるおいを届けるためには、シンプルですが、3回に分けて適量を段階的に、丁寧になじませていくようにしましょう」

スキンケアの最初にこの3回美容法を行うことで、肌のデトックス効果に繋がり、その後につける化粧水や美容液などのいい成分をしっかり肌に取り込むことができるのだそう。

たとえば資生堂の「リバイタル」などの光ダメージに向き合うコンセプトで作られた美容液を、スキンケアの最初に3回に分けてつけてマッサージしてから、その後のアイテムを使うのがおすすめ。

さっそく今日から「肌の巻き戻しケア」を試してみませんか。

【参考】
※PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002032.000005794.html


  • 10/22 16:00
  • WomanSmartLife

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます