アーセナル指揮官がサカの負傷に言及「状態を見極める必要がある」

拡大画像を見る

 アーセナルのミケル・アルテタ監督が、イングランド代表FWブカヨ・サカの状態についてコメントした。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 アーセナルは18日にプレミアリーグ第8節でクリスタル・パレスと対戦した。試合は、アーセナルが先制したものの、後半に2失点。後半アディショナルタイムにアレクサンドル・ラカゼットのゴールでなんとか追いつき2-2の引き分けに終わった。

 同試合で先発したサカはジェームズ・マッカーサーのタックルを受けてハーフタイムに交代。状態が心配されていたが、アルテタ監督は今回改めてサカについて言及。22日に行われるプレミアリーグ第9節アストン・ヴィラ戦の欠場が濃厚となると語った。

「2、3人の選手が問題を抱えたまま試合を終えたから、すこし状況を見直す必要がある。彼(サカ)はまだトレーニングできていないから、今日彼の状態を見極める必要がある」

「私は賭け事はしない。彼の回復状況を見て、今日か明日練習に復帰できるかの判断はドクターと彼に任せるよ。彼は非常に重要な存在だ。チームにとっても重要な存在だということは彼自身が示している」

関連リンク

  • 10/21 22:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます