頑固さが嫌になるかも!?「な行」から始まる名前の人と“仲良くなりづらい相手”とは?

「な行」から始まる名前を持っているあなた。そんなあなたが苦手とする人のタイプ、気になりませんか?今回は「な行」から始まる名前を持っている人が、「仲良くなりづらい」人の特徴をご紹介していきます。

だらしない人


「な行」から始まる名前を持っている人は、美的センスに優れているタイプが多いようです。
おしゃれな人も多いので、だらしない身なりをしている人を苦手だと思っているのではないでしょうか。

とくに、恋愛においては相手に清潔感やセンスを求める傾向があります。
ほかの人が性格などを重視するのと同じくらい気になっているかも。

自分のことだけでなく、人間関係においてもだらしない人に対しては、苦手どころか軽蔑してしまう可能性もありそうです。

こだわりがない人


自分の価値観や信念がハッキリとしているタイプが多い「た行」の名前を持つ人。
こだわりも強いので、デートなどで行く場所も調べあげ、厳選したいのではないでしょうか。

恋愛では特に、相手にこだわりがない人だと合わないと感じるかも。
友人関係や職場の人でも、あまりにもこだわりがない人に対しては苦手な人認定をしてしまうかもしれません。

生真面目すぎる人


「な行」の名前を持つ人は、枠にとらわれない自由な一面もあります。
どんなことに対しても比較的柔軟に対応ができたり、行動できることが多いようですよ。

そのため、生真面目にルールなどを遵守しようとする人に対しては、苦手意識を感じるかも。
柔軟に対応できず、固定観念にとらわれている人と同じ職場で働いていると、やりづらいと感じてしまうかもしれません。

群れる人


趣味やプライベートを重視しているタイプが多いので、オンオフの切り替えもうまく、ひとりでもいろんなことが楽しめるようです。
そのためいつも誰かといなくては落ち着かないような群れるタイプの人とは合わないかも。

恋愛でもお互いの友人を招いてワイワイするよりも、ふたりで過ごすのを好むタイプが多そうです。
相手が群れるタイプだった場合、すれ違ってしまうこともありそう。

今回は「な行」の名前を持つ人が、仲良くなりづらい人の特徴をご紹介しました。


今後の人間関係において生かせることがあるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(監修:NOTE-X)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/18 8:35
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます