【冷凍食品の日】何度でもヘビロテしてしまう冷食トップ5 / 消えたキンレイの「つけ麺」の行方は…

拡大画像を見る

毎年10月18日は「冷凍食品の日」。その由来は冷凍(トー)、管理温度マイナス18度以下によるもので、1986年に制定されて以降は同日に冷凍食品にまつわるイベントも行われているらしい。

そんなワケで今日はせっかくの記念日である。お祝いするべく「何度食べてもヘビロテしてしまう冷食トップ5」を紹介したい。個人的な好みも入っているものの、冷食を食べまくっている人の意見として参考にしていただけたら幸いだ。

【第5位】ニチレイ たいめいけんの「ドライカレー」

まずトップバッターは言わずと知れた たいめいけん、そして茂出木浩司シェフのドライカレーだ。ドライカレーは冷凍食品だとヌチャッとしたものが少なくないなか、同商品はパラッとしていて最後まで美味しく食べられる。味も申し分ないし、量が430gあるのもまたよし!

【第4位】ニチレイの「本格炒め炒飯」

続いてはCMでもよく流れるニチレイの炒飯。麻雀で安パイを切るかのような安定感で、簡単に出来上がるのにいつ食べても美味しい。量も450gと多いし、これで冷食沼に引きずり込まれた人も少なくないだろう。

いまや「世界で一番売れている冷凍炒飯」としてギネス記録を持つほどの実績。正直、1位に持ってきてもよかったが、さすがに食べ過ぎた感が否めず4位とした。それに代わって上位に進出したのが……!

【第3位】日清の「台湾まぜそば」

日清の「台湾まぜそば」である。麺類を食べるならスターティングメンバー確実の実力で、間違いない味を必ず提供してくれる。ピリッとクセになる味は一度食べたらヤミつき待ったなし!

これがレンジで簡単に作れるのが信じられない。卵を加えるだけで美味しさがグンッとアップするし、これから寒くなってくる時期にもピッタリだろう。オススメ!

【第2位】大阪王将の「羽根付き餃子」

普段から餃子を食べまくっている私情もあるが、大阪王将のものは重宝しておりコロナ禍での自宅飲みに欠かせない相棒だ。味の良さはもちろん、デフォでタレがついているのも何気に嬉しい。

水と油だけでなく、フタまでいらない……つまりはフライパンだけで調理可能という洗い物が減らせるスタイルなのも二重丸。料理の素人でもキレイな羽根付き餃子が作れるぞ〜!!

【第1位】味の素の「ギョーザ」

映えある1位に選んだのは味の素のギョーザだ。この夏、まさかの味変に踏み切ったものの、そこは大手の味の素。キッチリバッチリ仕上げており、ついついリピしてしまう味となっている。

ちなみに生姜ギョーザも味変を敢行。よりパンチの効いた味なのでお酒好きであればマストバイだ。正直、味の素のギョーザだけで酒が飲める。

【番外編】キンレイの「豚骨魚介つけ麺」

最後に惜しくもランキングから漏れた商品……というより、売られていなかったのが「お水がいらないシリーズ」でもおなじみキンレイの「豚骨魚介つけ麺」だ。ラーメンやうどん、どれも美味しいが、個人的な空前絶後のつけ麺ブームの到来により食べに食べまくった。……だがしかし!

最近どこを探しても見当たらない。これはもしや……と問い合わせたところ、秋冬の商品ラインアップの入れ替えに伴い休売とのことであった。ただ、春夏のシーズンに向けて再発売する可能性もあるらしいので完全に消失してしまったワケではない。ホッ……。

ちなみにつけ麺だと「あっさり魚介つけ麺」という限定販売品が、中国・関西エリアを中心に展開しているスーパーディオ、ラ・ムー、ザ・大黒天などで季節関係なく置かれているという(一部店舗では取り扱いしていない場合あり)。お住まいの方でつけ麺を食べたい人は探してみてはどうだろう。

……ということで、以上がヘビロテしてしまう冷食トップ5だ。これらで1週間の食事を回せと言われたら「喜んで!」となるレベルのウマさなので、ぜひ参考にしてほしい。繰り返しになるが、今日はせっかくの記念日。コロナ禍となって冷凍食品の需要が右肩上がりな今、冷凍庫から何か食べて企業の努力を感じてみるのもいいかもしれない。

執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 10/18 0:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます