亡き母と海に投げたメッセージボトル、24年の時を経て息子のもとに戻る(英)

拡大画像を見る

英マンチェスターのヒンドリーで暮らすアレックス・メリングさん(Alex Melling、30)はある日、Facebookグループ「Hindley Residents Association」の投稿のなかに子供の頃に住んでいた住所が書かれているのを見つけた。そして読み進めると、驚くことに自分の名前が出てきたという。それはレックス・ウィンターさん(Rex Winter)という男性が10月2日に投稿したもので、このように綴られていた。

「今年の夏、私の子供がスコットランド西部のビーチでボトルに入ったメッセージを見つけました。 それは古いもので、中にはアレックスという子からのメッセージと住所が書いてありました。私の娘が手紙を書いてその住所に送ったのですが、返事はありません。このボトルが5年前のものか30年前のものかわかりませんが、アレックスはこのボトルの行方を知りたがっているでしょうね。アレックスはこれを読んでいますか? それとも誰かアレックスのことを知っていますか? あなたの地域の誰かが助けてくれることを願っています。」

12歳までその場所に住んでいたアレックスさんは、Facebook経由でレックスさんにメッセージを送ったそうだ。

ニューカッスル在住のレックスさんによると、娘イジーさん(Izzy、17)と息子フレディさん(Freddie、22)が友人と一緒にスコットランドで休暇を過ごしている時にこのボトルを見つけたという。

イジーさんはボトルを発見した時のことをこう振り返っている。

「スコットランドでキャンプをしていて、ウィグタウン湾周辺のガーリエストンにボートを出していました。洞窟の中を探検しているとフレディがメッセージの入ったボトルを見つけたんです。それは子供の誕生日パーティーの招待状で、裏には『もしこれを見つけたらこの住所に返してください。宛先はアレックスでお願いします』と書かれていました。」

「私はその住所に手紙を出しましたが、何の返事もなくて。すると父が『Facebookで探してみる』と言ったのです。夢中になった父はその地域のFacebookグループを見つけて、ボトルの写真とともにアレックスを探していることを投稿しました。彼から連絡があった時はみんな大興奮しましたね。宿題をしていたら、父から『彼を見つけたよ』とメッセージが届いて。本当に信じられませんでした。」

アレックスさんから連絡を受けたレックスさん一家は、メッセージボトルと一緒にジャックダニエル(ウイスキー)のボトルをプレゼントとして送ったという。

その後、アレックスさんの祖母リリアン・ウェザビーさん(Lilian Wetherby、86)がメッセージの筆跡は確かに娘であり、アレックスさんの母親であるバレリーさん(Valerie)のものであることを確認した。さらにそれがアレックスさんが6歳だった1997年のものということも分かった。このメッセージを手に取ったリリアンさんは、わずか49歳で亡くなった娘のことを思い出して感傷的になっていたそうだ。

アレックスさんはのちにこう語っている。

「それがどこだったかは覚えていませんが、海にボトルを投げたことは何となく記憶に残っています。手書きで母の言葉が書かれたメモを読むことができてとても嬉しかったです。弟のダニエル(Daniel)も興奮していたし、おばあちゃんは本当に感動していました。このボトルは一生大切にとっておきます。本当に信じられないですよ。」

なおこのニュースには「感動的な話ですね。こんな素敵な結末を迎えるなんて!」「これは素晴らしい物語だ。アレックスさんに届いて本当によかったです」などといった声があがっている。

画像は『Manchester Evening News 2021年10月14日付「Mystery of 24-year-old message in a bottle solved - leaving man stunned」(Image: submitted)』『Hindley Residents Association/Rex Winter 2021年10月2日付Facebook「Help with a Message in a Bottle」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 10/16 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます