綾瀬はるか、「月9主演」報道も心配される“コロナ復帰後の多忙っぷり”

拡大画像を見る

 10月14日発売の「週刊新潮」が、綾瀬はるかの新ドラマ情報を掲載した。綾瀬は来年、フジテレビドラマで主演を務める予定だという。

「記事によると綾瀬は、来年4月期のフジ月9ドラマ『元彼の遺言状』にて、主演を務めるのだとか。同ドラマは、『このミステリーがすごい!大賞』を受賞した人気小説が原作で、主人公のクセの強い女性弁護士を綾瀬が演じるとのこと。また、プロデューサーには、『グッド・ドクター』や『監察医 朝顔』(ともにフジテレビ系)などのヒットドラマを手がけた金城綾香氏の名が挙がっているそうです」(テレビ誌記者)

 そんな綾瀬といえば8月、新型コロナウイルスの陽性となり、大学病院に入院したことが一部メディアで伝えられた。10月10日の「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、その後、綾瀬は順調に回復し退院したようだが、一部で早期復帰を懸念する声もあがっているという。

「記事によると、綾瀬は現在、木村拓哉主演の時代劇映画の撮影に参加しているとのことですが、コロナの後遺症で、長時間の撮影が思うように進まない可能性もあるのだとか。特に時代劇は、重いカツラや着物を身につけるため、病み上がりの彼女にとっては過酷な仕事のようです。そんな綾瀬は入院中、自分の病気で撮影に影響が出るかもしれないことについて、『迷惑はかけられない、どんなことがあっても…』と強い責任を感じていたそう。それだけにファンからは、『新作は楽しみだけど、無理はしないようにしてほしい』『またすぐに月9の撮影が始まるなら、さらに体に負担をかけそう』と体調を心配する声が相次いでいます」(前出・テレビ誌記者)

 復帰後の綾瀬の体調に関し、公式の発表があったわけではないが、やはりファンは“ゆっくり休養してほしい”と願っているようだ。

関連リンク

  • 10/15 11:10
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます