【JRA】クリソベリルが13日付で競走馬登録を抹消、GI級競走を4勝

拡大画像を見る

 2019年のチャンピオンズカップ(GI)などを優勝したクリソベリル(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が喘鳴症(喉鳴り)のため現役を引退。JRAは13日付で競走馬登録を抹消したことを発表した。

 今後は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 クリソベリルは父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサーという血統。2019年のJRA最優秀ダートホース。

 2019年ジャパンダートダービー(JpnI)、チャンピオンズC(GI)、2020年帝王賞(JpnI)、JBCクラシック(JpnI)とGI級競走を4勝。

 2020年のチャンピオンズカップ4着後に、右後肢の靱帯を損傷し長期休養。先月29日の日本テレビ盃で、約10ヶ月ぶりの復帰を果たしたばかりだった。

 通算成績は11戦8勝。JRA獲得賞金1億3260万2000円(付加賞含む)。地方獲得賞金2億4700万円。海外獲得賞金5428万400円。

(JRAの公式ホームページより)

関連リンク

  • 10/14 13:15
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます