TBS安住紳一郎アナ『THE TIME,』浮上でも「2%沈没中」!『ラヴィット』が陥った「へんてこランキングの呪縛」!!「グミTOP10」「100均マジックグッズTOP5」…「知りたい人いる?」袋小路

拡大画像を見る

「安住紳一郎アナウンサー(48)と香川照之(55)がMCを務める朝の新情報番組『THE TIME,』が数字を上げてきています。こうなると、同局の次の時間帯の『ラヴィット!』(いずれもTBS系)も良い流れに乗れるはずなのですが……なかなかそうはいかないようですね」

 こう話すのは制作会社関係者。『あさチャン!』に代わって10月1日から新しいTBSの朝の顔となった『THE TIME,』、初回の午前7時台の平均世帯視聴率は6.5%、個人視聴率は3.4%との好発進を記録。しかし、翌週の10月4日の世帯は4.8%、個人は2.7%と急落。5日は世帯4.9%、個人2.6%、6日も世帯4.9%、個人2.6%と3日連続で世帯視聴率5%を下回っていた。

「初日の数字は“ご祝儀視聴率”だったと言われていたのですが、10月8日に世帯5.2%、個人2.7%、11日には世帯5.6%、個人3.0%と徐々に数字を上げてきました。さすがは安住アナといった上昇ぶりです。この良い流れに乗りたいのが『THE TIME,』の後に放送されている『ラヴィット!』なのですが、相変わらずの低調で波に乗り切れていません」(前同)

 3月29日、MCに麒麟・川島明(42)、田村真子アナウンサー(25)を起用して放送が始まった『ラヴィット!』は、初回放送の世帯視聴率が2.7%。東京オリンピック期間中に3%台に乗せたこともあったが、9月からは再び2%台の中盤から後半の数字が続いている。

「『THE TIME,』の世帯視聴率が5%に乗った10月8日の放送でも『ラヴィット!』は世帯2.4%、個人1.1%。前枠の恩恵を全く受けられていませんね」(同)

■波に乗れない原因は“ランキング”企画にあり!?

『THE TIME,』を見ていた視聴者が8時になってチャンネルを変えてしまうのは、やはり番組の中身に問題があるのだろう。

「『ラヴィット!』の低空飛行の原因は番組内容、特にランキング企画が関係しているとの声も聞こえてきます。『ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』のプロデューサーが『ラヴィット!』も制作しているため、番組が似たテイストになっていて、ランキング企画も1つの売りになっているようですが、最近はネタ切れ気味で、取り上げるランキングの内容が迷走しているのでは、と言われていますね」(前出の制作会社関係者)

『ラヴィット!』では、番組開始直後から番組独自のランキングを作成する『ラヴィット!ランキング』というコーナーが設けられている。

「番組初回の3月29日には一流パティシエが選ぶ『セブンイレブン・スイーツ』、4月9日の放送では一流ピザ職人が選ぶ『ドミノ・ピザ』といった、興味をそそられるランキングが放送されていました。

 ただ、毎日やっている企画とあって、さすがにネタも尽きてきたのか7月13日には一流パン職人が選ぶ『いちごジャム&ブルーベリージャムTOP10』と、範囲があまりに狭すぎるランキングが放送されていました。このあたりからだんだんと、“迷走しているのかな?”と思わずにはいられないランキングが出てくるようになりましたね」(テレビ誌ライター)

 ジャムのランキングの翌週7月20日には一流スイーツ職人が選ぶ『ホットケーキミックスTOP10』が放送された。

「ホットケーキを手軽に作れるホットケーキミックス粉20品から一流にスイーツ職人が試食、採点するというものなのですが、ジャム同様、こちらもランキングにする範囲が狭すぎる題材と言えそうですよね」(前同)

■マジックグッズのランキングに「奇番組すぎる」の声

 料理関連だけでなく、8月9日の放送回では一流マジシャンが選ぶ『100均マジックグッズ ランキングTOP5』が紹介された。

「ランキングでは、3位に15種類のトランプマジックができるキャンドゥの『マジックトランプ』、2位はネジとカード、ビンがセットになったダイソーの『選んだナットがはずれる』、1位には本物の100円を使った瞬間移動マジックができるダイソーの『コインが一瞬で移動する』が選ばれました。

 意外に知られていない高性能で安価なマジックアイテムが紹介されていたのですが、視聴者からは“奇番組すぎる”“食べものじゃなくてマジックグッズという祝日ニッチ仕様”といった声も、ネットには寄せられていました」(前出のテレビ誌ライター)

 8月27日には一流シェフが選ぶ『本当に美味しいドレッシングTOP10』が放送された。

「『ラヴィット!』では4月6日にも一流料理人が選ぶ『キューピー ドレッシング』というランキングをやっていて、8月27日のランキングは対象となるドレッシングのメーカーを広げただけとも言えるものでした。“ドレッシング前やらなかったっけ”とのツッコミもネットに寄せられていましたね」(前同)

 9月24日放送回では、一流パティシェ&グミマニアが選ぶ『グミTOP10』が取り上げられた。

「コロログレープや果汁グミぶどうといった、王道のフルーツ系のテイストのグミがランクインする中、1位が生八つ橋グミというイロモノが選ばれる攻め内容でしたが、グミだけを取り上げた範囲の狭いランキングでした。

 また、9月28日にも一流パティシェが選ぶ本当に美味しい『クッキー&ビスケットTOP10』とグミ同様、範囲が狭い企画が放送され、“あまり朝から見たいとは思わない”“クッキーランキングとか誰が知りたいのよ…… ”との声も上がっていました」(同)

『ラヴィット!』以外ではなかなかお目にかからない細かすぎるランキングとあって、戸惑ってしまう視聴者がいるのだろう。

「いくらMCの川島さんが頑張って笑いをとっても、どうしてやるのかよく分からない、やっている意義を疑うランキングが多くなってくれば、視聴者はついてこれなくなってしまうでしょう。『ラヴィット!』においてランキングは強い“売り”ですし、こだわって制作していきたいことなのでしょうが、現状は袋小路に迷い込んでいるような感じもしますね……」(前出の制作会社関係者)

 唯一無二のランキング番組を目指して、もはや意地になってしまっている!?

関連リンク

  • 10/13 7:49
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます