オーストラリア戦勝利も…JFA田嶋会長が気を引き締め「今日の勝利に一喜一憂せず…」

拡大画像を見る

 日本が勝利で飾ったオーストラリア戦後、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長がJFAを通じてコメントを発表している。

 前節のサウジアラビア戦で悔しい敗戦を喫した日本は、気持ちを入れ替えてホームにオーストラリアを迎えた。田中碧のゴールで先制に成功すると、フリーキックから1点を返されるものの、終盤に浅野拓磨のシュートからオウンゴールを誘い、ライバルから勝ち点3を獲得した。前節の敗戦後には「まだ3試合が終わっただけ」と、次節以降の試合に期待を寄せていた田嶋会長。オーストラリア戦を評価した上で、この先続く厳しい道のりに向け改めて気を引き締めた。

「この予選の中で一番いい試合をしてくれたが、チーム全員がわかっているとおり、それでもワールドカップ予選の試合に勝つことは簡単ではありません。このプレッシャーの中で戦った選手、森保監督、チーム全体がさらに力をつけていくはずです」

「アウェイのベトナム戦、オマーン戦と簡単な試合はなく、11月も難しい試合が続きます。集合してすぐに試合をしなければならず、選手一人一人が自分のチームで活動しているときから、しっかりと準備をしていくことが重要になります」

「今日の勝利に一喜一憂せず、残り6試合でしっかりと勝ち点を積み重ね、最後にワールドカップのチケットを取れるように全員で進んでいきたいと思います」

関連リンク

  • 10/13 6:19
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます