衣料品を捨てない社会作りへ向けた羽田空港の新たな挑戦!「HANEDA Fashion Swap」開催

拡大画像を見る


日本空港ビルデングは、不要な衣料品を交換できるイベント「HANEDA Fashion Swap」を、10月20日(水)~26日(火)の7日間限定で、第1ターミナルマーケットプレイス2階にて実施する。

空港で初の衣料品回収・交換イベント

「Fashion Swap」とは不要な衣料品を参加者が互いに持ち寄って行う物々交換イベントを意味し、リユースとリサイクルにより衣料品の廃棄を減らす取り組み。空港での衣料品の回収及び交換のイベントは国内初の試みとなる。

環境省ホームページ「サステナブルファッション」によると、日本国内で年間約48万トンの衣料品が焼却処分されているという。

同社は、その現状に対して、多くの人が行き交う羽田空港での「旅ד捨てたい衣料品”」を組み合わせた衣料品の3R(リデュース[Reduce]・リユース[Reuse]・リサイクル[Recycle])活動を通じて、ECOな社会作りを発信していく。

スーツケースに不要な衣料品を入れて羽田空港に

旅が決まった時に、新しい衣料品を旅に向けて購入したり、自宅で衣料品を整理したりすると、「もう着ない衣料品に気づく=“捨てたい衣料品”が出てくる」経験がある人もいるだろう。その不要な衣料品を、旅に行く前にスーツケースの隙間に入れて羽田空港に持ち寄れるのが今回の企画。「HANEDA Fashion Swap」では、不要衣料品の回収・交換とともに、先着500名に羽田空港の一部店舗で使用できるクーポンをプレゼントする。

不用衣料品を持参して交換

交換点数​は、1〜5点の持ち込みで1点、6〜10点の持ち込みで2点、11〜15点の持ち込みで3点となっている。持ち込み衣料品は、洗濯をした衣料品のみ無制限で回収。非売品の衣料品の持ち込みは不可だ。

イベント後に余った衣料品はリユース可能・不可能で分類し、可能なものは海外でリユースされ、不可能なものは日本環境設計が企画運営を行う「BRING」により、適切なリサイクル処置が施される。

また、同時に衣料品の社会問題や取り組みなどを紹介するパネルも展示されるので、こちらもチェックしてみて。

  • 10/12 12:13
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます