これってわざと?無意識?本命の彼女にする男性のスキンシップ3つ

拡大画像を見る


好きな女性にはあれやこれやと色々な行動をとるのが男性というものです。特にスキンシップをしてくる男性は決して少なくありません。
ですが、本命にしかしないスキンシップというものがいくつかあります。
そこで今回は本命の彼女にする男性の無意識スキンシップについてお送りしていきます。


手を触ってくる

交際前の男性は、本命彼女に対してどんな無意識スキンシップをするのでしょうか。好きな女性に対して男性はついつい色々なところを見がちです。そのため、ちょっとしたことにも気づくものです。
付き合ってしまうと、わずかの違いに気づいてくれないものですが、付き合う前は好きな女性のことしか見ていないので、「ネイルを変えた?」「このアクセサリー見たことないな」などこうした違いにも気づくので、その違いに応じて無意識に手などを触ることがあります。
「もうちょっと良く見たいなー」と言って触る人は無意識ではなく、意識的に触っているので、その違いを見分けるようにしましょう。


肩や背中を叩いてくる

スキンシップの中で最も気軽にできるのは肩や背中などを叩くことです。これは女性の方が使う人が多いですよね。ついつい話の流れで、変なジョークを言ったり、あり得ないことを言ったりして「また~また~」と言いながらポンポン叩かれるとそれほど違和感はありません。
しかし、同じ流れであったとしても嫌いな人もしくは好きでもない人にはポンポンしないものです。やはり、こうした行動が出てくるのは本命彼女だからこそです。女性が同じことをするにしても、生理的に嫌、この人嫌いと思っている人には絶対にしないことです。


髪の毛を触る

髪の毛を触るというのは、かなりハードルの高い行為であると言えます。無意識であっても人の髪の毛を触る場合「ハッ」と気づいて触ったらまずいなーと考えてしまうものです。
髪の毛としてありますが、この場合は厳密にいうと「頭」のことです。頭を触れば必然的に髪の毛も触るものですよね。普段の状況ではあまりあり得ないのですが、盛り上がっているなtおきどは男性が女性の頭をなでなでしたりすることもあります。
たとえば、何かを成し遂げたあなたに「すごいねー」と頭をなでなですることは良くありがちなことです。そんなときは盛り上がって興奮状態ですから、無意識にそうしてしまったというケースも十分あり得ます。


まとめ

今回は本命の彼女にする男性の無意識スキンシップについてお送りしました。
本命の彼女のことを男性は常に触りたいと考えているものです。ですが、交際の前だと簡単に触れるわけには中々いかないものです。
とは言え、普段から彼女に触れたいと考えていると、ちょっとしたはずみでついつい触ってしまったという場合があるものです。しかし、意識的に触ったのか、無意識的に触ったのかの見極めは必要です。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/11 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます