合コンで男性との会話が途切れたときに便利な質問9パターン

合コンで隣に座った男性と会話が続かず沈黙が続くと、気まずくなって余計に話しかけにくくなってしまうもの。その場をつないで、会話を広げられる質問をいくつか用意しておくと便利かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「合コンで男性との会話が途切れたときに便利な質問」をご紹介します。

【1】「ところで、お住まいはどのあたりですか?」と最寄り駅を聞いて話を広げる
「お互いが住んでいる町の話で間が持ちます」(20代男性)というように、住んでいるエリアの話を振ってみる方法です。そこから「どんな家に住んでいるの?」「有名なお店はあるの?」などと、質問を重ねていきましょう。

【2】「地元はどこですか?」と探りを入れ、同郷なら地元トークに持ち込む
「相手が大阪だったら、いくらでも話題あります」(20代男性)というように、出身地を切り口にトークを展開するパターンです。同郷なら共通の話題を見つけられますし、知らない場所なら「お国自慢」を聞いてみるのもいいかもしれません。

【3】「休みの日って何されてますか?」と無難に週末の過ごし方を聞く
「よくぞ聞いてくれましたって感じ。最近サーフィンにハマってますとかアピりますね」(20代男性)というように、休日の使い方も扱いやすい話題と言えそうです。「家でゴロゴロ」だった場合も、退屈しのぎに何かしているはずなので、そこを掘り下げてみてはいかがでしょうか。

【4】「どんな業務なんですか?」と仕事の内容を教えてもらう
「興味を持ってもらって嬉しい。説明したら長くなりますけれど(笑)」(20代男性)というように、相手の会社や仕事内容について尋ねるのもいいかもしれません。内容が難しくてよくわからないときも、「なんだかすごそうですね」と褒めてあげると喜ばれるでしょう。

【5】「有名人でいうと誰がタイプですか?」と好みの女性の話題に誘導する
「合コンは男女の出会いの場なので、『好きなタイプ』みたいなネタはやっぱり盛り上がりますよね」(20代男性)というように、好きなタイプの話題も合コンでは鉄板と言えそうです。身の程知らずの理想を語られて「お前が言うか?」と思っても、ネガティブな反応はしないようにしたいものです。

【6】「普段はどんなものを飲むんですか?」とオーダーついでに好きなお酒を尋ねる
「ビール好きそうな顔なのに梅酒が好きなので結構驚かれる」(20代男性)というように、合コンの場ならお酒の話題も盛り上がるでしょう。ただし、反対に男性から「何が好き?」と言われたときに「芋焼酎」「ウイスキー」など硬派な答えをすると、引かれるおそれがあるので注意したいところです。

【7】「そのネクタイかわいいですね、どこのですか?」と身につけている物を褒める
「こだわりのポイントが伝わっていて嬉しい」(20代男性)というように、男性のオシャレについて質問するのもいいでしょう。腕時計やネクタイ、スマートフォンなど、目を引くものを持っていたら、こだわりを聞き出してみてはいかがでしょうか。

【8】「学生時代、部活は何をしていましたか?」と思い出話を引き出す
「『実は自転車部でした。太ももめっちゃ太いです』とか、こっちも展開しやすいかも」(20代男性)というように、学生時代に打ち込んでいたことを聞き出すのもいいかもしれません。ガタイがいい男性にはスポーツ経験について聞くなど、相手の特徴に合わせて聞き方を工夫するといいでしょう。

【9】「私って何人兄弟に見えますか?」と簡単なクイズを出す
「なんとなく末っ子っぽい、社交的だし…っていう感じで推理するのが楽しいかも」(20代男性)というように、誰でも参加できるようなクイズを出してみるのも面白そうです。いよいよ話題が尽きたというタイミングで繰り出してみてはいかがでしょうか。

誰に聞いても何かしらの答えがもらえる質問はきっとほかにもたくさんあると思います。自分が展開しやすいネタをいくつか持っておきましょう。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/10 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます