Amazonが東京と千葉に新たな物流拠点、商品配送体制をさらに強化

拡大画像を見る

 Amazonは10月7日、東京都青梅市と千葉県流山市に、物流拠点であるフルフィルメントセンター(FC)をそれぞれ開設すると発表した。

 新たに2つのFCを設置することで、国内のFCは合計20カ所以上、商品保管能力は10%以上増え、計1500万立方フィート以上となる。Amazonでは、今回の物流拠点の拡充によって、これまで以上に幅広い商品の品揃えを提供し、より迅速に顧客へ商品を届けられる体制を強化する。ホリデーシーズンに向けて、数千以上の販売事業者が、日本全国のより多くの顧客へ商品を配送できるようになる。
 また、この開設により、あらゆる背景をもつ人々、とくに地域の人々に、多様な雇用機会を創出する。様々な働き方で、Amazonの物流ネットワークのあらゆる役割を担ってもらうとしている。なお、研修やスキルアップの機会を通じて学習し、成長する機会も用意している。
 さらに、新しく開設されるFCには、Amazon Robotics(AR)、高度な技術、自動化機能を搭載しており、顧客の要望に応えていく。これらの革新的な技術により、効率性を高め、注文の処理を迅速に行い、商品をトラックに素早く積み込み、顧客への迅速な配送を実現するという。

関連リンク

  • 10/10 8:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます