松本人志「ダウンタウン」漫才復活を決めた『水曜日のダウンタウン』超感動の「おぼん・こぼん」と『浅草キッド』

拡大画像を見る

 10月6日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。壮絶な不仲で知られるベテランコンビおぼん・こぼんの仲直り企画の完結編として、『おぼん・こぼん THE FINAL』が放送された。最後まで視聴者やスタジオをハラハラさせつづける実にシリアスな内容となっていたが、この放送で、ダウンタウンに、ある「希望」が見えてきたという。

「ダウンタウンは、今年6月12日に『キングオブコントの会』(TBS系)で松本人志(58)が01年放送の『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』(フジテレビ系)以来民放では実に20年ぶりにコントを披露したり、07年に松本と浜田雅功(58)が『史上空前!!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』(TBS系)でコンビをシャッフルして漫才をしたことはありましたが、“ダウンタウンの2人が漫才”という光景は、もう20年以上目にしていません。

 しかし、今回の『水曜日』では、VTRをいつになく真剣に見つめる松本と浜田を見ていると、いつかはやってくれるのでは、と思わずにいられません」(専門誌記者)

 この前週、9月29日放送回では『おぼん・こぼんヒストリー』と題したコンビの歩みを記録したVTRをおぼん・こぼんに見てもらい、その後こぼん(72)の娘・いづみさんが延期されていた結婚式を敢行。不仲になる前は家族ぐるみで付き合いがあり、“もうひとりの父親”と慕うおぼん(72)に式への参加を頼んでいた。

 10月6日の「THE FINAL」では、結婚式にそろって出席したところまではよかったのだが、その後互いに「どちらが先に折れるか」の意地の張り合いとなり、中盤にはついに「解散決定!?」というところでVTRがストップする演出で、松本は本気で焦った様子を見せていた。

■「やっぱりカッコいいよね」

「“ちょっと待って。ムリムリムリムリ……”“え嘘でしょ!? 後ろから(実は仲直りしましたって)出てくるんでしょ!?”と、パネラーのナイツに慌てて問いただしていました。

 浜田も“オイオイオイオイ……?”“いい感じになりかけたやんか”と困惑していましたが、実のところVTRにはまだ続きがあったため、“なんやねん!! もう……”と松本は内心ホッとしたであろう気持ちも込めて叫んでいましたね(笑)」(前出の専門誌記者)

 その後、おぼん、こぼんの双方をそれぞれを必死でナイツ、スタッフや付き合いの長いマネジャーらが説得したところ、結婚式の撤収作業が行なわれている現場に戻ったおぼんが「俺も入れ替えるから、お前も入れ替えや」「もういっぺんやり直そう」と、熱い握手とハグを交わして仲直りに成功。それまでとは180度変わった対応だったが、これを松本は「ぱちっと(歯車が)合ったんやろうね。あの瞬間が」と評していた。

「後日、2人の本拠である浅草東洋館にナイツはじめ後輩芸人や家族を招いて、久々に2人揃った衣装で息のあった漫才を行なうという、これ以上ない大団円で番組は幕を閉じました。

 BGMに“漫才で売れる日を夢見て2人で頑張っていた日々”を歌ったビートたけし(74)の名曲『浅草キッド』が流れ、ラストでおぼん・こぼんがしっかりと握手。“まぁ頑張ろう。まぁ死ぬまでやな”にこぼんが“もう間もなくだ”と返していた。

 このVTRを見終えた松本は“やっぱりかっこいいよね。かっこいいなって思う”と、真剣にコメント。引退を匂わせる発言をすることも多い松本ですが、やはり何歳になっても、不仲になっても舞台で漫才を続けるおぼん・こぼんには、同じ芸人として尊敬する部分があることは、間違いないでしょうね」(前同)

 今回の企画を通じて、おぼんは「俺はええ漫才したい。楽しい漫才がしたい」と繰り返していた。この一点だけで、不仲でもずっと解散や引退だけはしなかったことがVTRからも強く伝わっており、松本も浜田も真剣に見入っていた。

■「こんなところ“では”やらないです」という期待させる発言も

「がぜん、ダウンタウンのなかで“漫才をやりたい”という思いが強まったのではないでしょうか。思えば、今年10月2日に総合司会を務めた『お笑いの日』(TBS系)のオープニングトークは、完全に漫才。サンパチマイク(※漫才で使われる漫才師2人の間にあるマイク)の前に立ち、フリートークを展開しました。前年の同番組で“オファーがあれば漫才を披露する”という発言をした件を浜田につつかれた松本は、

“断りました。やらないです。こんなところではやらないです。やるとしても絶対ここではやらないです。こんな注目を浴びたところでは”

 とコメント。“こんな客を釣るような方法でダウンタウンの復活はしない”という松本の意思表示にも聞こえます」(前出の専門誌記者)

 となると、やはりダウンタウンが漫才を披露するのは客前の劇場か。松本の相方の浜田も「最後はダウンタウンでNGK(なんばグランド花月)で漫才をしたい」とたびたび口にしていることから、実現する可能性は非常に高い。

「実は、これまでも、漫才に近い形は何度かありました。19年末の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)では、番組恒例のバス移動の場面で千鳥がダウンタウンの伝説的な漫才ネタ『誘拐』を披露したうえでグダグダに終わり、“無理やワシらには”“本人に頼もう!”とダウンタウンに無茶ぶりする流れがありました」(前同)

■本番前の耳打ちだけで完ぺきな芸を披露

 このとき、松本は嫌々ながらもカンペ付きでちゃんとやろうとしていたが、浜田は「なんでやねん!」とすべき部分を「あ、そうでしたか」とするほどやる気がなく、事実上、松本1人でボケツッコミを両立する羽目になったうえ、視聴者が期待していたであろう名フレーズ、

「緑のカバンに500万入れて白の紙で黄色のカバン言うて書きながら赤のカバン言いながら置いてくれたら俺黒のカバン言いながら取りに行くわ」

 が、収録中に急にやってきた暴走族の爆音のせいでまったく聞こえない、というオチがついた。

 また、いまだに伝説とされているのが2010年の『リンカーン』(TBS系)の企画。さまぁ~ず、雨上がり決死隊、キャイ~ンらが登場し、さらに20年ぶりにダウンタウンがサプライズでNGKの吉本新喜劇に出演し、客席が揺れるほどの騒ぎになった企画だったのだが、この舞台袖で行われてたダウンタウンのやり取りが、コンビの絆の深さを感じさせるものだった。

「ダウンタウンの登場を煽りまくるリンカーンメンバーに、舞台袖で浜田が“やめろ!”、松本は“ホンマ最悪や! 俺(スベっても)知らんからな”としていた以外、2人は口をきいていなかったんですが、出番数秒前に、松本が浜田に小さな声で一言耳打ちしたんです。それに目も合わせず、OK、と浜田はつぶやいた。これがほんの一瞬の出来事でした」(専門誌記者)

 舞台に登場すると、二人は息を合わせて舞台をわちゃわちゃして動き回り、最後にキャイ~ンのポーズで締める一発ネタを披露。会場は大爆笑に包まれた。松本は舞台袖で「キャイ~ンでいこ」とだけ浜田に告げ、その一言だけで、息ぴったりのやり取りを見せたのだーー。

 ある日、NGKにサプライズでダウンタウンが登場し、漫才を見せる。その日は、意外と近いかもしれない。

関連リンク

  • 10/10 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます