有吉弘行が絶賛。パリス・ヒルトンの料理番組がおもしろすぎる

拡大画像を見る

 Netflixで独占配信中のパリス・ヒルトン(40)の料理番組『パリスとお料理』が、話題です。

 お笑いタレントの有吉弘行が自身のラジオで褒めた他、ツイッターでも「なにこれ最高!」「可愛くてずっと観ていられる」「元気をもらえる」と感想をつぶやく人が続出しています。

◆有吉弘行「パリスのことが好きになった」

『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系列)では2週にわたって『パリスとお料理』を絶賛。

 有吉は、9月19日放送回で「絶対パリス・ヒルトンのことが好きになるよ」「めっちゃ笑う」「5歳の女の子がおままごとで砂でゴハン作ってるみたい」と思い出して爆笑しながら激推し。

 翌週の26日には配信を見たという番組アシスタントのマシンガンズ西堀亮が「(パリスを)好きになった」との感想に有吉は「分かる!」と強く共感。「俺も好きになったのよ」「いい年のとり方してる。…とは絶対言えないんだけど(笑)俺らが知ってるパリスからは少し良くなってる」と語りました。

◆41万円のトリュフを軽く購入

 全6回の同シリーズは、料理のレパートリーを「もっと増やしたい」というパリスが新しいレシピにチャレンジし、セレブな仲間たちをおもてなしするというのがコンセプト。以前から交流があるキム・カーダシアンやデミ・ロヴァートらがパリスの自宅キッチンを訪れ、楽しくトークをしながら様々なレシピに挑戦していく料理系リアリティーショーになっています。

 まず驚かされるのは、毎回パリスの買い出しシーンで始まるオープニング。おしゃれなフェイスマスクに、オードリー・ヘップバーンのようなブラックドレスといったキメキメコーデで、野菜売り場でポーズを決め、キャットウォークをして見せる姿はなかなかシュール。ツイッターには「冒頭からヤバい」「開始10秒で楽しい」といった声が寄せられています。

 買い出しシーンでは、知らない食材を物怖じせず店員に尋ねる姿や、3700ドル(約41万円)もする黒トリュフを眉一つ動かさずに購入する、振り切れたお嬢様ぶりも必見です。

 パリスのファッションへのこだわりはキッチンの中でも変わらず、ハイヒールにドレスがデフォルト。白いワンピースから、へそ出しフリンジジャケット、真っ赤なドレスなど、“あり得ない”衣装で料理に挑み、クリームやソースが衣服についてもお構いなし。キラキラネイルやレースの手袋で指先まで美しく整えて調理をするパリスらしいシーンが続きます。

◆キッチンもお料理もゴージャスにデコレーション

 そんなパリスは、とにかくカラフルで輝くものがお気に入り。

 マシュマロからラビオリ、シェイクまで、その全てをピンクやブルーに染めたがり、でき上がった料理の上には食用グリッターをこれでもかというほど振りかけ、金箔を盛るのがパリス流。メインディッシュは、シャネルやグッチ、ルイ・ヴィトンのロゴ入りピックなども駆使してゴージャスに盛り付け、ときには花火をトッピングして派手に仕上げます。

 キッチン用品も、レインボーカラーのボウル、ハート型の計量カップ、ピンクの水切りザル、ハイヒールのようなケーキカッターなど、華やかで可愛いものがいっぱい。さらに、スワロフスキーのクリスタルで覆(おお)われた調理用スプーンやフライ返しといった、あまり衛生的とは思えないツールも登場します。

 視聴者からは「観ていると笑顔になる」「悩みが吹っ飛ぶ」「自己肯定感の高さを見習っていきたい!」など、ミスを連発しても全くめげないパリスの生き方自体に感銘を受けたツイートも。

 料理の参考になるかどうかはともかく、40歳になっても変わらず自分の好きなものにこだわり、型破りの料理スタイルを貫く姿に元気をもらった人が多かったようです。

◆料理初心者のクッキング動画がアメリカで流行

『ニューヨーク・タイムズ The New York Times』によると、ここ最近アメリカでは料理初心者のセレブによるクッキング番組がトレンドだといいます。

 2020年だけでも、人気コメディエンヌのエイミー・シューマー、歌手のセレーナ・ゴメスの料理番組が始まり、パリスも自身のユーチューブチャンネルで同名のクッキング動画を公開。このユーチューブ動画は、パリスの豪華なキッチンや段取りの悪さが評判を呼び、500万回以上の再生回数を記録していました。

◆アメリカでも大受け?愛にあふれたイジりツイート

 アメリカ最大の映画批評サイト「ロッテントマト Rotten Tomatoes」でのNetflix版『パリスとお料理』は、批評家たちからの満足度はイマイチだったものの、一般視聴者からは70%の満足度を記録。

 海外のツイッターも「完全にバカバカしい内容だけど100%観る価値あり」「パリスに刺激を受けて、ディナーはレインボーチキンのバブルガム添えにすることにした」「いつも手袋をしているのが最高」と、愛のあるイジりレビューであふれています。

 今年2月の誕生日に、4度目の婚約を発表したパリス。婚約者のカーター・リウムと一緒に体外受精のプロセスを開始したことも発表しており、結婚し妻・母になるのは時間の問題。レパートリーを増やしてもらうためにも、シーズン2が待ち遠しい!

Sources:「The New York Times」「Rotten Tomatoes」「Hello Magazine」

<文/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。

関連リンク

  • 10/8 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます