千鳥・大悟、EXIT兼近と因縁のカート対決

拡大画像を見る

10月10日(日)20時から『千鳥の対決旅』(フジテレビ系)が放送。千鳥(ノブ、大悟)、ロバートの秋山竜次・山本博、かまいたち(山内健司、濱家隆一)による“千鳥世代”と、アンガールズの田中卓志、もう中学生、EXIT(兼近大樹、りんたろー。)、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、ミルクボーイ(内海崇、駒場孝)による“スケジュールパンパン大忙し世代”に分かれて対決する。

本番組は、千鳥が考えたさまざまな“対決”に人気芸人たちが本気で体を張り勝負に挑む異色のロケバラエティ第3弾。今回は栃木県・那須を舞台に、千鳥と総勢12名の人気芸人たちが朝から晩まで、爆笑必至の対決を繰り広げる。

スタートは、関東屈指の清流として知られる那珂川でガチンコ漁対決。鮎のつかみ取りに挑戦するのは、“千鳥世代”から山内、濱家、山本、“大忙し世代”からは、田中、もう中学生、村上。早朝から水温5度の川に入り、ずぶぬれになりながらも、体を張る芸人たち。すると、前回から深い因縁のある田中と山内のバトルが勃発。そんな中、地味に村上が才能を発揮し、着実に鮎を捕獲していく。

続いて一行が向かったのは、那須高原にあるサファリ体験ができる人気動物園・那須サファリパーク。動物園ならではのおもしろ対決が繰り広げられる。百獣の王・ライオンを目の前にテンションの上がる芸人たちだったが、まさかの秋山の行動に一同騒然となる。

そして、那須塩原の大自然の中でいただく、豪華グルメに一同、大満足。“大忙し世代”の田中、もう中学生、EXIT、マヂカルラブリーは、高級ステーキ店で全額の支払いをかけ、SNSを使ったある対決をすることに。野田、村上がコンビそろっての不正にブーイングの嵐も……。対決に負け、驚異の高額金を支払うことになってしまった芸人は一体、誰なのか?

さらに、番組名物ともなっているガチンコカート対決では、体感速度100kmオーバーという今までにない驚異のスピードが出せる形でスケールアップ。そんなカート対決は、リレー形式で決着をつけることに。絶対に負けられない真剣勝負を前に各世代、本気の布陣で挑む。“千鳥世代”は、山本、ノブ、山内、濱家、秋山、大悟の順番、“大忙し世代”は、りんたろー。、もう中学生、野田、村上、田中、兼近の順番で走る。双方、前回のカート対決で好成績を残した大悟と兼近がアンカーを務めることになった。

野田の攻めた走りに、一同「スピンしてる!」「野田の走りヤバイ!」と驚く場面も。一気に差をつける“大忙し世代”の野田だったが、途中でハプニングが発生。最後の大悟と兼近のレースでは、兼近が驚きの走りを見せる。追い詰められる大悟は、兼近にどう挑むのか?

千鳥とEXITのコメントを以下に紹介する。

――番組を楽しみにされている視聴者に向けてメッセージ。

千鳥・ノブ:第3弾もパワーアップしています! 朝一の川ロケからトップスピードです!! 僕がめちゃくちゃ滑っている所は、カットされていると祈りながら見たいと思います。

千鳥・大悟:今回の対決旅は、前回までの面白さにプラス、僕の大好きな映画のワンシーンを再現する、“大悟の夢”をかなえた企画でもあります。お楽しみに!

EXIT・りんたろー。:今回も番組冒頭からバッチバチの熱きバトルが繰り広げられています! なんとあのモンスター芸人召喚で大忙し世代チームがさらにパワーアップ! 消えたと思われた第七(世代)の炎が対決旅で再び燃え上がる!?

EXIT・兼近大樹:楽しかったです。面白い芸人さんがたくさんいて、僕はすごく笑いました。見てくれたら絶対絶対、笑えると思います。また、みんなで遊べたらいいなぁ。

関連リンク

  • 10/8 16:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます