艶やかなデートにぴったり!話題の串料理店で未知の美食体験を

デートの定番となりつつある串料理といえば「焼き鳥」を思い浮かべる人が多いだろう。

だが、大切な人をお連れするには少々のサプライズ感が欲しいのが本音。

そこで、表参道の『デンクシフロリ』では、これまで見たことのないイノベーティブな串料理に出合えるのだ!

今回は、艶やかなデートにぴったりの華麗な串料理を紹介する。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

『傳』の長谷川在佑シェフと『フロリレージュ』川手寛康シェフという日本を代表する料理人が手を組んだ『デンクシフロリ』。

場所は表参道の路地裏の地下。期待とともに扉を開けば、凛とした空気のなか、長くて重厚なコの字カウンターが目に飛び込んでくる。

こちらでいただけるのが、他にはないイノベーティブな串料理なのだ。

世界に誇るふたりのトップシェフが手を組む贅沢さ

「かつお パプリカ」。漬けにしたフィレとタルタルの鰹を、しそ、みょうがと串に。唐辛子が香るパプリカのピューレとともに


ミルフィーユのような「かつお パプリカ」は見た目にも美しく、パプリカの鮮やかなソースが赤く輝く。

「なす 蟹」では、カニサラダを艶やかな紫のナスの皮でくるむなど、一目では味の想像がつかないものばかり。

「なす 蟹」は温かいナスのピューレとカニのビスクソースで。11,858円(8品)のコースより(サ別)


なじみのある食材でも組み合わせと調理次第で、新しい味になることを教えてくれる。

いずれもソースと合わせて完成する、フレンチのような串料理といえるだろう。

他にも、〆の「炊き込みご飯」では、薄切りのサーロインをべっこう餡と絡め、ご飯にのせて食べさせるなど、終始、料理の発想の自由さに驚かされる。

表参道の裏路地の地下に潜む、艶やかな空間


カウンターの木目に、ダウンライトが落ちるシックかつスタイリッシュな店内。

長さ8メートルもある都内でも屈指の大カウンター。座席配置もゆとりたっぷりで、完全にデート仕様なのだ。


店内はカウンターのみ。しっぽりデートの雰囲気を求めるカップルには、一番奥の席が人気。

少し離れた一角をふたりで利用可能だ。



日々の美食に慣れた人でも「こんな料理があったのか」と驚くこと間違いないだろう。

新たな串料理が、デートの成功を約束してくれるはず。


▶このほか:カウンター越しに目が離せない!お客をずっとワクワクさせてくれるフレンチコース

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/8 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます