スタッフが目撃?山崎賢人主演ドラマの裏で「泣いていた人気女優」

拡大画像を見る

 10月5日発売の「FLASH」が、「現場で見た“性格のいい”俳優ランキング」を掲載。今回、女優部門で第1位に輝いたのは、国民からも高い人気を誇る綾瀬はるかとなった。

「同誌では、某大手広告代理店がテレビ局スタッフ115人に行ったという『現場で性格が良い芸能人』アンケートをランキング化。今回、女優部門で1位を獲得したのは綾瀬でした。アンケートに答えた関係者によると、綾瀬は下っ端にも気軽に話しかけたり、一緒に重い機材を運んでくれたりするそうで、現場受けが抜群なのだとか」(芸能記者)

 そんな同ランキングでは、綾瀬に続いて菅野美穂が2位、天海祐希が3位と人気女優たちの名前が並ぶ中、下位ながら24位にランクインした門脇麦にも注目が集まることに。

 門脇と仕事をしたスタッフによると、毎回激しいキスシーンがあるドラマで一緒になった際、彼女はいつも平気な顔でラブシーンに臨んでいたとのこと。しかしある日、楽屋裏にて1人で泣いているのを目撃したそうで、それ以来、彼女に人間味を感じファンになったというのだ。

 記事でドラマの名前は明かされていないが、山崎賢人との共演作である可能性が高いという。

「門脇といえば18年、キスによってタイムリープを繰り返す山崎主演のラブストーリー『トドメの接吻』(日本テレビ系)にて、謎のキス女を熱演。本編ではドラマ史に残る回数のキスシーンが流れ、話題を呼びました。彼女は映画『愛の渦』で濃密なベッドシーンを演じていましたから、キスドラマでも涙するというギャップに、スタッフはメロメロになったのかもしれません」(テレビ誌記者)

 夏クールでは、ドラマ「うきわ」(テレビ東京系)で、不貞に揺らぐ妻を演じ話題を集めた門脇。舞台裏では、様々な苦悩や葛藤を抱えてながら役と向き合っているのかもしれない。

関連リンク

  • 10/7 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます