小型&多機能に進化! ニューノーマル時代に最適化した「ScanSnap iX1300」

拡大画像を見る

 PFUは10月8日に、パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズの新機種として、「iX1300」を発売する。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。価格はオープンで、直販サイト「PFUダイレクト」での価格は3万5200円。
 

 「iX1300」は、コンパクトながら高速スキャンと多彩な原稿への対応を実現し、「Uターンスキャン」と「リターンスキャン」の2つのスキャン方法で、身の回りのさまざまな書類を迅速かつ手軽に電子化できるドキュメントスキャナ。
 「Uターンスキャン」では、スキャンした紙が本体上部に排出されるので、排紙スペースが必要なく、A4サイズほどの実利用スペースで使える。A4カラー/300dpiでのスキャン速度は毎分30枚で、最大20枚の原稿をセット可能なので、手狭なスペースでもまとまった原稿を快適に電子化できる。
 「リターンスキャン」では、本体前面から原稿の給紙・排紙を行うため、A3書類、免許証・保険証のようなプラスチックカード、通帳、子どもの学校プリント、写真、はがき、名刺、商品パッケージ、パンフレットなど厚手の用紙など、さまざまな書類を1枚ずつ読み取れる。A4カラー/300dpiでのスキャン速度は1枚あたり5秒で、カバーを閉じたままでも素早い電子化が可能。
 PCだけでなく、タブレット端末やスマートフォンでのスキャンにも対応するとともに、2.4GHz/5GHz帯の無線LANにも対応するほか、スキャン後のデータはPCやタブレット端末などへの保存に加えて、さまざまなクラウドサービスにも直接保存できる。また、スマートフォンやタブレット端末を使用したセットアップも可能なので、PCを持っていない人でも手軽に使える。
 対応OSは、Windows 11/10/8.1/7、macOS 11.0以降/10.13以降、iOS 12.0以降、iPadOS 13.0以降、Android 6.0以降、Chrome OS 88.0.4324.186以降、Fire OS 6.0以降。

関連リンク

  • 10/7 10:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます