4時間後に分娩予定だった妊婦、病院に向かう途中のガソリンスタンドで出産(英)

拡大画像を見る

英ダラム州メダムズリー在住のステファニー・リチャードソンさん(Stephanie Richardson、29)は10月1日の早朝4時30分、ランチェスターにあるガソリンスタンドで6.15ポンド(約2790グラム)の女の子を出産した。

わずか40分というスピード出産だったが、パートナーのマシュー・バーリーさん(Matthew Varley、29)と助産師の友人が駆けつけてくれたおかげで母子ともに無事だった。

実はこの日の朝8時に計画分娩を予定していたステファニーさんだったが、それよりも早くピックアップトラックの荷台で出産するというドラマチックな展開を迎えることとなった。

助産師の友人はピックアップトラックの荷台で懐中電灯の明かりだけを頼りに赤ちゃんを取り上げ、ステファニーさんと赤ちゃんはノースダラム大学病院に運ばれたという。

ステファニーさんは当時の状況をこのように振り返っている。

「夜中に痛くて目が覚めたので、そろそろかなと思い『赤ちゃんが生まれそうだからすぐ来て』と助産師の友人に電話をしました。マシューが運転して友人は助手席に、私は荷台で四つん這いになって病院に向かいました。」

「ガソリンがなかったので、セント・ビーズ・スクールの近くにあるガソリンスタンドに寄りましたが、閉まっていて真っ暗でした。友人は999(緊急ダイヤル)をかけるように言いましたが、その後すぐガレージの前で赤ちゃんが誕生しました。まるでドラマのような出来事でしたが、今はもう元気です。まさか道端であんなことが起こるなんて。」

現在多くの地域でガソリン不足が続くイギリスでは、閉鎖を余儀なくされたガソリンスタンドが増えているという。

ステファニーさんは続けて、こう語った。

「経験豊富な助産師が友人でとてもラッキーでした。彼女はこの地域では有名で、みんなの赤ちゃんを取り上げています。彼女がいてくれて本当に良かったです。陣痛がはじまってから40分ほどで生まれたので本当に驚きました。だって上の子たちの時は8時間かかりましたから。」

「1歳2か月になるジェイク(Jake)をロックダウン中に出産した時、集中治療室で仮死状態になったこともあって私は赤ちゃんがとても心配でした。マシューも心配していたけど、とにかく冷静で落ち着いていました。彼なしでは乗り切れなかったでしょう。」

「何が起こっても不思議ではなかったし、今振り返ると私は家にいるべきだったと思います。でも朝方3時半の出来事で、4時半には娘が生まれました。彼女はまさに世界に飛び出して行ったのです。」

ステファニーさんとマシューさんの第3子として誕生した女の子はルーシーちゃん(Lucy)と名づけられ、兄ジェイクくんと姉アリスちゃん(Alice、5)に可愛がられて仲良く過ごしているそうだ。

画像は『The Sun 2021年10月4日付「SSURPRISE DELIVERY Mum, 29, gives birth at petrol forecourt ‘in seconds’ after rushing to hospital amid fuel chaos」(Credit: NCJ Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 10/6 19:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます