マクドナルドのてりやきバーガー、ソース開発者は日本人じゃなかった

拡大画像を見る

 マクドナルドが提供する「てりやきマックバーガー」は、2017年に開催された「第1回 マクドナルド総選挙」で2位に輝くほどの人気メニューだ(1位はダブルチーズバーガー)。味は日本になじみ深く、日本限定バーガーとして販売されているので「日本人が作り出した」と考えてもおかしくはないが、実はそうではないという。

 日本マクドナルド50周年記念サイトの「FUNBURGERの真実」によると、てりやきマックバーガーが誕生したのは1989年。当時、同社は日本人にマクドナルドをもっと身近に感じてもらえる商品を探っていた。そこで目を付けたのが、ブリてりや鳥のてりやきなど日本食でお馴染みの“てりやきソース”。これを使ったメニューを開発しようと考えたのは、アメリカのマクドナルド本社専属フランス人シェフであり、チキンマックナゲットの生みの親、ルネ・アレン氏だった。
 同氏は、リンゴ・ピューレをベースに日本人の好みに合わせたてりやきソースを開発。その後、牛肉などさまざまな具材にかけて試食した結果、いちばん相性が良かったポークをパティに選んだ。こうして日本人になじみ深い味の「てりやきマックバーガー」が誕生した。
 1989年3月に期間限定で販売が始まると、たちまち大人気商品になったとのこと。多くの消費者からの熱烈な声に推され、わずか2カ月後には、バーガー類では初の日本限定レギュラーメニューとなった。
 てりやきマックバーガーの大成功は、マクドナルドの世界的な経営戦略にも影響を及ぼした。それまで同社のメニューは世界中どこでも同じというルールがあったが、これを機にヨーロッパやアジアなど各国で、現地の食文化に合わせた商品開発が進められるようになった。
 現在は派生した「てりたま」やホワイトチェダーチーズとチェダーチーズをプラスした「チーズチーズてりやきマックバーガー」、スパイシーなソースを加えた「スパイシーてりやきマックバーガー」なども登場。世界的な大企業の歴史を動かすほど大好評のバーガーは、誕生から30年経ったいまでも愛され続けている。

関連リンク

  • 10/6 18:10
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます