全モデルでWindows 11搭載、NECPCの2021年秋冬新製品は4シリーズ23モデル

拡大画像を見る

 NECパーソナルコンピュータ(NECPC)は、Windows 11搭載の個人向けPC秋冬モデルを10月7日に販売開始する。
 従来から好評のスタンダードノートPCの「LAVIE N15シリーズ」、スリムノートPCの「LAVIE N14シリーズ」、オールインワンデスクトップPCの「LAVIE A27/A23シリーズ」に加え、今回コンバーチブルノートPCとして「LAVIE N11シリーズ」を店頭モデルのラインアップに追加、4シリーズ全23モデルすべての2021年秋冬モデルにWindows 11を搭載している。また、資料制作の表現力、効率が向上したMicrosoft Office Home&Business 2021も搭載している。
 「LAVIE N11シリーズ」は、NEC Direct専用モデルとして販売され、子どもや学生用PCとして好評な「LAVIE Direct N11シリーズ(21春)」の新モデル。今回のモデルから販売店モデルがラインアップに加わった。同シリーズは、コンバーチブルタイプのノートPCのため、11型ワイド液晶の画面を360度回転させ、タブレットモードなど利用シーンにあわせた形態で使用できる。液晶画面はタッチセンサー付きで、筆圧感知に対応した付属のデジタイザーペンを使えば文字入力やイラスト作成も可能となっている。
 小さい子どもの使用も考慮し、落下テストとして米国国防総省のMIL規格に定める耐久試験に合格した堅牢なボディ、安心して使える「防滴・抗菌キーボード」を採用している。また、子どものタイピングやプログラミングの習得を助ける「タイピングカバー」も付属している。
 「LAVIE N14シリーズ」は、自宅でのリモートワークに十分な画面サイズを確保しながら、外出時にも楽に持ち歩けるスリムさを兼ね備えたスリムノートPC。リモートワークの拡大で利用頻度の増えたオンライン会議を快適に行うための「ミーティング機能」を備えている。スピーカーから聞こえる音の範囲を切り替えたり、人の音声を明瞭にする処理を行う。また、発話者の周囲の雑音も低減する。
 「LAVIE N15シリーズ」は、余裕のある15.6型ワイド液晶のボディのスタンダードノートPC。キーボードのキートップ中央に窪みをつけた「シリンドリカルキーボード」で、作業中の快適さを追求している。また全モデルに「ミーティング機能」を搭載し、上位モデルのN1585/CAL、N1575/CAシリーズにはヤマハ製ステレオスピーカーを搭載している。
 「LAVIE A27/A23シリーズ」は、正面から見たときに液晶画面だけが見える独自デザインのオールインワンデスクトップPC。27型ワイド液晶画面で最上位モデルのA2797/CABは、液晶画面から音が出る「Crystal SoundDisplay」を備え、映像コンテンツなどを鑑賞する際に臨場感のあるサウンドを楽しめる。
 また、HDMI入力端子を備えており、ゲーム機などの画面としても使えるほか、A2797/CAB、A2377/CAシリーズはTVのダブルチューナーを内蔵しているため、TVやレコーダーとして、1台でさまざまに活用できる。

関連リンク

  • 10/6 14:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます