傷つけないよう注意!「繊細男子」を好きになったら気をつけるべきこと4つ

拡大画像を見る


些細なことでも傷ついてしまう繊細男子。厄介だと思われがちですが、人の痛みが分かるという優しい一面も。ポジティブ思考で生きてきた人には、なかなか理解のできない言動や行動があるでしょう。一度ぶつかってしまったら、大きな喧嘩に発展するかもしれません。しかし、繊細男子は敏感な性格だからこそ、様々なことに気づく最高の彼氏となる可能性を秘めているのです。


「否定」はやめよう

繊細男子にとって「否定」は、夜も眠れなくなるほどストレスの溜まる言葉。自分がこうだと思うことを、あたかも正しいように押しつけてくる人は敵のようなもの。相手が人一倍傷つきやすい性格の場合、言葉に配慮がないと喧嘩に発展する可能性があるでしょう。誰であっても「否定」は悲しいこと。明らかに間違っている場合以外は、まず理解を心がけるとよさそうです。


プライベートには深く突っ込まない

プライベートに深く首を突っ込まれたくない人って、世の中に沢山いませんか。もし、好きな彼があまり自分のことを話さないという場合には、プライベートに配慮してほしい傾向があるのかもしれません。無理に突っ込むと、面倒くさがられてしまうでしょう。「付き合いたい」「これからもいい関係でいたい」と思うのなら、聞かないほうが無難です。


デート当日の「体調が悪い」に怒らないで

繊細男子にありがちなデート当日のドタキャン。相手が繊細な場合、「前日までは元気だったのに、当日になったら突然」というケースも珍しくないでしょう。ストレスが蓄積しやすく、体調が安定しないことがドタキャンの原因になっているかもしれません。頭ごなしに怒ってしまうと、相手を深く傷つけてしまうことに。


「感情任せ」は別れの原因に

デリケートな心をもつ男性にとって、感情任せに怒鳴る女性は苦手といっても過言ではありません。すぐカッとなってしまう傾向にある場合は、感情のコントロールに意識を集中してみてください。親しくなればなるほど、余計な一言やきつい言葉をいってしまう人は意外と多いもの。友達や上司に同じことがいえるか、と一旦冷静になるといいでしょう。


まとめ

男性は泣くべきではない、強くあるべきだという風潮は未だに残っていますよね。男性にもメンタルが弱く繊細な心をもった人が存在します。繊細男子と付き合う場合には、自分の価値観や気持ちを押しつけることのないよう気をつけましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/4 11:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます