これが幸せのヒケツ。長続きするカップルの【LINEの返信テク】

拡大画像を見る

 LINEはカップルに欠かせない大事なツールですが、連絡頻度や内容は人それぞれなのでトラブルの元になることも。今回は長続きするカップルのLINEの返信テクニックを見ていきましょう。 


返信できないときは伝える

仲良しで信頼しあっているカップルでも、LINEの返事があまりにもないとお互い不安になるもの。長続きするカップルは相手を不安な気持ちにさせたくないと考えるので、お互い返信ができないときは事前に伝えるようにしています。「来週は出張があるからすぐに連絡できないかもしれない」と前もって伝えたり「夜に返信するね」と言ったり、連絡を入れることが当たり前になっているカップルは喧嘩になることも少ないので長続きします。 


LINEでも愛情表現

LINEは文字に残るので照れ臭くなってしまい、愛情表現をしないカップルもいます。頻繁に会うことができていれば直接伝えることで愛が伝わりますが、長く会えなくなるとLINEでも愛情表現をしないと不安にさせてしまうことがあります。長続きするカップルはLINEでも「好き」とストレートに伝えることが多いです。恥ずかしい人はスタンプでもいいので愛情表現をしてみましょう。 


ノリがいい

LINEの内容をあれこれ考えずに冗談も言い合えるくらいのカップルは長続きします。お互い好きすぎるあまり言いたいことが言えないカップルは、不満が溜まっていつか爆発してしまいます。もちろん親しき中にも礼儀ありですが、LINEでもノリがよく言いたいことを言えるようになると長続きしますよ。 


スタンプや写真を上手に使う

付き合いが長くなってくると長文は減ってきます。短い文章でも冷たい感じにならないようにするには絵文字やスタンプを適度に使うことがポイント。彼専用のLINEスタンプを用意している人もいますよ。伝わりにくいことは写真を送るのもアリです。 長続きするカップルはお互いにマイペースでLINEを楽しんでいます。LINEで既読や未読に悩まされることがないのも長続きカップルの証拠です。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/3 20:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます