千鳥&かまいたちが休止『笑ってはいけない』の後番組『笑う大晦日』のMCに!?「ダウンタウンとウッチャンナンチャン」になる日!

拡大画像を見る

「お笑い第7世代ブームが落ち着きつつありますが、ここにきてお笑い界の世代交代が一気に進むと言われています」

 バラエティ番組を中心に仕事をする制作会社ディレクターはそう話し、さらに続ける。

「これまでのお笑い界はビートたけしさん(74)、タモリさん(76)、明石家さんまさん(66)の“お笑いBIG3”を頂点に、ダウンタウン、とんねるず、ウッチャンナンチャンが続くといったような構図が長年続いてきました。

 しかし、さすがのBIG3の面々も高齢化してきています。さらに、先日の『ラフ&ミュージック』を機に、お笑い界のトップが完全に交代したとも言われています」

 8月28日、29日の2夜連続で大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』(フジテレビ系)が生放送された。28日のコア視聴率は7.0%、29日が7.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)と高い視聴率を記録し、番組は大成功を収めた。

 29日には、前日の生放送中に松本人志(58)から電話で出演オファーをされた内村光良(57)が生出演したことも大いに話題を呼んだ。

 ナインティナインの岡村隆史(51)と矢部浩之(49)も、松本と内村のツーショットを嬉々として見つめ、スタジオは大盛り上がりとなった。

「視聴率も非常によかったんです。この松本さんと内村さんの貴重なツーショットもあり、名実ともにダウンタウンとウッチャンナンチャンが今のお笑い界のトップに立ったと言える。『ラフ&ミュージック』は、そういった意味でも象徴的な番組になりました」(前同)

■ダウンタウン&ウッチャンナンチャンがお笑い界のトップに君臨

 ダウンタウンは『水曜日のダウンタウン』(TBS系)をはじめ、13~49歳のコア層に支持される番組に多数出演。10月2日14時から8時間にわたって生放送された大型特番『お笑いの日 2021』(TBS系)でも2年連続でMCを務めた。

 また、松本のみならず、相方の浜田雅功(58)も『オオカミ少年』や『プレバト!』(ともにTBS系)、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)、『芸能界常識チェック!トリニクって何の肉!?』(テレビ朝日系)など、数々のゴールデン番組でMCを担当している。

 ウッチャンナンチャンの内村は2020年まで4年連続で『NHK紅白歌合戦』の総合司会を務めており、「5年連続になるのでは」と期待する声も多くある。また、1週間の番組のうち、最も高いコア視聴率を取る『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のMCとしてもお馴染みだ。

 相方の南原清隆(56)はMCを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が10年目に突入。ネタ番組『ネタパレ』(フジテレビ系)でもMCを担当している。

「ダウンタウンとウッチャンナンチャンの少し下の世代にはさまぁ~ず、くりぃむしちゅー、ナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号、解散してしましましたが雨上がり決死隊などがいます。ただ、まだまだダウンタウンやウッチャンナンチャンほどの存在感はない。

 そんな中、一気に両コンビの域に上り詰めるのではないかと言われているのが千鳥とかまいたちです」(前出の制作会社ディレクター)

■『笑ってはいけない』の後継番組はネタ番組!?

 大悟(41)とノブ(41)によるコンビ・千鳥は現在10本のレギュラー番組を抱えている。さらに、それぞれがレギュラー番組を持っているほか、CMにも多数出演している。

 山内健司(40)と濱家隆一(37)によるコンビ・かまいたちは2017年の『キングオブコント』優勝をきっかけに一気にブレイク。現在9本のレギュラー番組に出演しており、CMで目にする機会も増えてきている。

「山内さんは、10月2日の『お笑いの日 2021』内で放送された『キングオブコント2021』でも、審査員を務めていましたよね。

 千鳥、かまいたちの2組は、ナイナイなどに比べてかなりギャラが安いということもあり重宝されています。また、特に若い人たちから支持されていますから、テレビ局が重視するコア層に刺さる芸人として引っ張りだこなんです。そんな大活躍中の両コンビですが、一部で、『絶対に笑ってはいけないシリーズ』の後番組のメインに起用されるのではないかとささやかれているんです」(前出の制作会社ディレクター)

 大みそか恒例の人気番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)が今年は休止することが発表された。

 9月26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した松本は、「言ってもあれだけの大型特番ですから、3月くらい、遅くても4月から年末に向けて始まるから。今年の3月くらいにコロナの収束も見えてない。これから先ももっととなったときに“難しいんじゃない?”って判断はしてますから」と明かしている。

 15年目の節目を迎え休止が決定した『笑ってはいけない』に代わって、今年の大みそかには6時間生放送の新お笑い特番『絶対笑って年越したい!笑う大晦日(仮)』が放送される。

「『笑う大晦日』はネタ番組になるそうです。人気芸人がネタを繰り広げたり、トークがあったり、ゲームコーナーがあったり、もしかしたらシャッフルコントなんかがあったりするかもしれません。ただ、とにかくネタ番組になるといいますね。

 長時間続く生放送のネタ番組、だからこそダウンタウンさんは出ないと言われています。それは、TBSの『お笑いの日』と被ってしまうから。たしかに、2か月もしないうちに似たフォーマットの特番のMCを務めたら、類似感は出てしまうでしょうね」 (お笑いプロ関係者)

■『笑う大晦日』メインなら一気に「千鳥・かまいたち時代」へ

 9月28日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では『笑う大晦日』のMC候補としてナインティナインの名前が挙がっていると報じている。同誌が日本テレビに問い合わせたところ、「番組制作の過程についてはお答えしておりません」という回答だった。

「ナイナイは日本テレビへの貢献度も高いので“たしかに”という感じもしますが、毎年のように1月1日の早朝から、お笑い演芸番組『新春!爆笑ヒットパレード』(フジテレビ系)でMCを担当しています。また、収録ですが1月1日午前0時30分から始まる『ぐるナイ!おもしろ荘』(日本テレビ系)もあります。

 こういった番組との“かぶり”もあるため、『笑う大晦日』でメインを張るのは現実的には難しいのでは、とささやかれていますね」(前出のお笑いプロ関係者)

 そんな中、浮上しているのが、今勢いに乗っている千鳥とかまいたちによるダブルMC話だという。

「10月2日には2組の冠番組『千鳥かまいたちアワー』が日本テレビ系でスタートしたこともあり、これも大みそかにつながってくるのではないかとささやかれています。また千鳥の2人は、ここ数年毎年のように、『笑ってはいけない』の中で、漫才を披露していましたよね。

 仮に、ダウンタウンの国民的番組の後継番組のメイン、大みそかの目玉番組を任されるとなったら、すでに若い層には大人気の両コンビの格もグンと上がります。そうなると上の世代を一気に凌駕して“千鳥・かまいたち時代”が到来するのではないでしょうか。

 日頃、テレビを見なくても大みそかはテレビの前にいるという人は少なくありません。老若男女問わず、千鳥とかまいたちの面白さが認知されて、ダウンタウンやウッチャンナンチャンのような国民的なお笑いスターになっていくかもしれませんよね」(前同)

 コロナ禍で今回は休止となった『笑ってはいけない』。今後の復活はまだ未定とのことだが、代わりに放送される『笑う大晦日』は、大みそか恒例の国民的番組になっていくのだろうか――。

関連リンク

  • 10/3 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • きょー

    10/3 14:23

    頂点にダウンタウンのお二人とウッチャンはわかるけど、ナンチャンも、と言われると何か違和感が…。

  • なるほど。

記事の無断転載を禁じます