チョコプラにフワちゃんも…芸人育成工場・ヒロミとフットボールアワー後藤輝基はなぜ売れっ子を育てられたのか?

拡大画像を見る

 無名芸人がブレイクするきっかけとなったバラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)が、9月28日の放送で惜しまれながらも最終回を迎え、MCのヒロミ(56)とフットボールアワーの後藤輝基(47)に、多くの感謝の言葉が寄せられていた。

 同番組はスタジオに大勢のガヤ芸人が集結し、ゲストタレントをネタやトークなどでおもてなしするという内容。15年から不定期で放送され、17年4月からレギュラー放送がスタート。特番時代から約6年、レギュラーでは4年半続いた歴史に幕を閉じることになった。

 放送開始当時、誰も知らないようなガヤ芸人たちが、個性的なキャラや一発芸などで注目を集めるように。チョコレートプラネット、相席スタート、鬼越トマホークらお笑いコンビや、Mr.シャチホコ(28)、りんごちゃん(33)、フワちゃん(27)らピン芸人が、多くブレイクしていった。

 今回の放送では、総勢21組のガヤ芸人が集結し、ヒロミと後藤におもてなしをすることに。まず、チョコプラの長田庄平(41)が「ウチのガヤから売れたと言っても過言ではございません。ひな壇でウケて、他の番組にバーっていけたんです」と感謝した。

 続いて、最近は女優としても活躍している、ピン芸人のヒコロヒー(31)は、ヒロミと後藤のMC術を分析。後藤について「ほかの現場に比べて、のびのびボケさせてくれる」とし、3段階の笑いでボケにリアクションしてくれると語った。また、ヒロミについて「ネタがすべっても芸人の味方についてくれる」とし、後ろにも目がついているようで、「ヒロミさんの後ろ側に座っていても、私が“行けるぞココ”って思ったときに、“ヒコロヒーどう?”って振ってくれた」と振り返った。

■優しさこそがキーワード

 そして、お笑いタレントでYouTuberのフワちゃんは、ヒロミに「1年ぐらい前に原付で事故にあって、廃車になっちゃったんです。それを落ち込んでたら、ヒロミさんが私のために原付を作ってくれたの」と感謝。お返しにヒロミの顔写真だらけの自転車をプレゼントした。

 さらに、ケンカ芸でブレイクした鬼越トマホークの坂井良多(35)は、後藤に「番組始まってから1回もツッコミはずしてねぇじゃねーか!」と称賛ツッコミ。金ちゃん(35)も「後藤さんのツッコミで救われた芸人もいるし。売れた芸人もいるんで、ほんとに“吉本の宝”だって思ってます」と感謝。

 また、ヒロミについても、坂井は「あんたがいるから、この番組に大物が出てくれるんだよ!」と、キレながら称賛し、金ちゃんは「もし、ヒロミさんがいなかったら、なすなかにしさんもここまで芸人を続けられなかった」と、相変わらずブレイクできないお笑いコンビ・なすなかにしをイジった。

 ヒコロヒーや鬼越のコメント通り、ヒロミと後藤のガヤ芸人の魅力を引き出そうとする姿勢が、今をときめく人気者を生んできたといえるだろう。2人が真のお笑い好きで芸人に優しいのは、一見コワモテのヒロミが実はイジられるのが嫌いではなく、フワちゃんと仲が良いことからもうかがえる。

 10月5日放送開始の後番組『超無敵クラス』は、お笑いコンビ・かまいたちと指原莉乃とMCを務め、令和の最強10代たちが、世の中のアレコレを発表しあうトークバラエティ。ここから、あらたな人気者が生まれるか、注目したい。

関連リンク

  • 10/3 7:07
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます