原大智が移籍後初先発&初ゴール! チームは直後に追いつかれ痛み分け

拡大画像を見る

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第10節が2日に行われ、シント・トロイデンとオーステンデが対戦。FW鈴木優磨、FW原大智、DF橋岡大樹、GKシュミット・ダニエルの4名がシント・トロイデンで先発出場を果たし、4名ともフル出場した。

 シント・トロイデンは52分、鈴木がペナルティエリア右で橋岡のパスを受け取り、シュートまで運ぶ。このシュートはGKに弾かれたものの、こぼれ球を原が押し込みゴール。原は移籍後初先発で初ゴールを決めた。

 原のゴールでシント・トロイデンが先制すると、直後の56分に失点。フリーキックの流れでオーステンデに同点を許すと、その後スコアは動かず試合終了した。シント・トロイデンとオーステンデの一戦は1-1の引き分けに終わった。

 シント・トロイデンは次節、アンデルレヒトとホームで対戦する。

関連リンク

  • 10/3 3:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます