【中京5R新馬戦結果】ジュエラーの仔ヴェールランスが差し切りV、藤岡佑介騎手は通算900勝達成

拡大画像を見る

 2日、中京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・12頭)は、好位のインでレースを進めた藤岡佑介騎手騎乗の4番人気ヴェールランス(牡2、栗東・藤岡健一厩舎)が、先に抜け出した1番人気テンダンス(牡2、栗東・中竹和也厩舎)をゴール前で差し切り、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒8(良)。

 さらに3.1/2馬身差の3着に11番人気ヴァーグエスタード(牡2、栗東・石坂公一厩舎)が入った。なお、3番人気サドル(牡2、栗東・庄野靖志厩舎)は11着。2番人気グレートキャンベラ(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)は、最後の直線コースで内ラチに衝突して騎手が落馬し競走を中止した。

 勝ったヴェールランスは、父キタサンブラック、母は16年の桜花賞馬ジュエラー、その父ヴィクトワールピサという血統。

 この勝利で鞍上の藤岡佑介騎手はJRA通算900勝を達成した。

関連リンク

  • 10/2 13:05
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます