一番美味しいカレーはどれ? コンビニ、カルディ、成城石井のレトルトキーマを食べ比べてみた

 先日、行きつけのカレー屋のご主人と話していたら、「最近のレトルトカレーは、ひと昔前からはちょっと想像もつかないほどクオリティが高くなったね」と教えてくれました。実はご主人の店の看板メニューのカレーも、レトルト商品として成城石井で売っているとか。

 そこで、成城石井のカレーコーナーを見に行ってみると、確かに名店や人気店のコラボカレーがズラリと並んでいました。どれも美味しそう! ただし、人気店が監修したシリーズは、だいたい平均700円。レトルトにしてはかなりお高めです。

 そこで、一緒に300円ほどで売っていた成城石井オリジナルの「キーマカリー」(301円)を買って食べてみると、それでも十分、というか、かなり美味。香りといいコクといい、もはや専門店の贅沢なカレーを食べている気分になります。

 そこでふと頭をよぎったのが、「近所のコンビニにも、オリジナルのレトルトカレーがあるよな」ということ。成城石井のオリジナル商品がこんなに美味しいなら、もしかしたらコンビニのカレーだって、かなりクオリティが高いのでは? と思ったわけです。

 実際、コンビニやカルディを回ってみると、どの店にもオリジナルのカレーが豊富に揃っていることが判明。ただ、カレーと言っても幅広いので、今回は人気のキーマカレーに絞って食べ比べてみることにしました。

 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、カルディ、成城石井を巡って、各店舗のオリジナルの「キーマカレー」を買ってきました。商品名や価格、カロリーなどは以下の通り。

 どれも300円程度だし、カレーをイチから作る手間を考えれば、かなりお手頃価格。どれも300kcal以下なので、低カロリーに見えますが、ここにライスが加わると、おそらく1食600kcalといった感じになると思います。

 さらに具材に注目すると、牛・豚・鶏は当然として、その3種類全部を使っていたり、はたまた大豆を使用していたりするキーマカレーもあって、非常に個性豊かでバラエティに富んでいます。しかし気になるのは、どれが一番美味しいのか? ということ。

 同じキーマカレーでも、人によって好みはあると思いますが、今回は「贅沢かつ複雑なスパイスの香りと深い味わいが感じられ、かつ旨みが濃厚。そして、ちゃんとカレーとしての食べごたえもあること」というのをキーマの理想形として、項目ごとに比較。最終的に一つに絞りたいと思います。

 というわけで、いざ食べ比べスタート!

店ごとに個性豊かなキーマカレーをいざ実食!

 さて、各社のレトルトカレーを開封して皿に出してみると、同じキーマカレーでも、具材や色、汁気、香りが全然違います。一番色が濃いのはセブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」、最薄はローソン「スパイス香るキーマカレー」という感じです。

 ちなみに「キーマカレー」とは、ご存知のようにインド発祥の、挽肉を使ったカレーのこと。現地では、汁気はほとんどなく、日本のドライカレーのようなスタイルが多いそう。そこで、まずは水分量の多さから比較。汁気が多いと何がいいのかといえば、ズバリ、日本のライスによく馴染むということです。

ライスに馴染む汁気が多いキーマは?

 結果から言えば、もっとも汁気が多かったのは、カルディ「キーマカレー」(308円)です。次点でローソンの「スパイス香るキーマカレー」(298円)。あとはどんぐりの背比べという感じで、さほど水分量には差がないのですが、あえて言えばファミマの「3種の挽肉の旨み キーマカレー」(214円)が多めに感じました。

 一番汁気が多かったカルディのキーマは、鶏肉とともにサラサラしていて、スープカレーのようにさっぱり&サラッと食べられます。

【汁気の多いキーマ】
1位:カルディ「キーマカレー」
2位:ローソン「スパイス香るキーマカレー」
3位:ファミリーマート「3種の挽肉の旨み キーマカレー」

具材の食感の豊かさを比較

 続いて、キーマの醍醐味の一つが、具材の食感の楽しさ。ゴロゴロ、ホクホク、コリコリ…といった具合に、使う食材や火の通し方ひとつで、ずいぶん印象が変わってきますよね。これは好みにもよるので何が良いかは一概には言えませんが、“食感の良さが際立っている”という点で順に並べると、以下のとおり。

【食感の良さ】
1位:ローソン「スパイス香るキーマカレー」
2位:セブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」
3位:成城石井「キーマカリー」

 1位のローソン「スパイス香るキーマカレー」は、鶏ひき肉を使用していますが、同時にゴロゴロと入ったひよこ豆の食感が最高。2位のセブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」は、超粗びきのゴロゴロした牛ひき肉を使用していて、肉の食感が心地よく、粗めの牛挽肉を使っている3位の成城石井「キーマカリー」も、ひよこ豆の食感がビビッドに感じられます。

 ちなみにひよこ豆をカウントせず、肉だけの食感で言えば、ダントツでセブンの「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」がイイです。

カレーに重要な香りとコクは?

 カレーといえば、食欲をそそる重要なポイントは、やっぱり複雑なスパイスの香りですよね。そこで、香りが強い順に並べると、以下の通り。

1位:ローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」
2位: 成城石井「キーマカレー」
3位: セブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」

 ローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」は、クミンの香りがかなり強く、ほかを圧倒して1位。2位の成城石井「キーマカレー」はコリアンダーやカレーリーフの香りが際立っています。そして3位のセブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」は、複合的なスパイスがバランス良く香ります。

 ただし、実際に口にしてみると、匂いだけではなく口から鼻に抜けるスパイス香も加わるため、順位が変わってきます。

舌で感じるスパイス感はいかに?

 食べたときにスパイシーさを強く感じる順にならべてみます。ちなみに辛さ順ではありませんのでご注意を。あくまで口に運んだときのスパイスの香りと味です。

1位:成城石井「キーマカリー」
2位:ローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」と「スパイス香るキーマカレー」
3位:セブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」

 1位は成城石井「キーマカリー」。スパイスの苦味や辛味、酸味など複雑なスパイス感が後味にしっかりと残ります。2位のローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」と「スパイス香るキーマカレー」は、最初から甘味や辛味、苦味などのスパイス感がハッキリしているのが特徴。また、3位のセブンイレブンのは、食べてすぐに甘味を強く感じるものの、後からじわじわとスパイスが響いてくる感じです。ちなみにカルディは、エスニックっぽいパッケージの割には、スパイス香も味わいも他に比べると弱めでした。

濃厚なコクと旨みを感じるキーマは?

 最後はニッポン人が大好きな“コク”です。コクを感じやすいのは、やはりひき肉や玉ねぎ、トマトなどの素材からじっくり味を引き出した欧風カレーのようなタイプ。順位は下の通りです。

1位:セブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」
2位:成城石井「キーマカリー」
3位:ローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」

 3つとも欧風カレー的な煮込み系タイプで、とくにセブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」はクリームが入っているせいか、もっとも濃厚なクを強く感じます。成城石井「キーマカリー」は、素材によるコクがスゴし。ローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」は使っているのが肉ではなく大豆ミートにも関わらず、ちゃんと濃厚なコクがあるのが不思議。

 ちなみにファミリーマートも欧風煮込み系カレーなのですが、非常に甘い。コクよりも甘さが際立ち、辛いのが苦手な人やお子さんには向いているのかもしれませんが、その甘さがコクにまで到達できてないという、やや惜しい感じでした。

最終結論! 最強のレトルト・キーマカレーはこれ

 ではいよいよ最終的に一番美味しいキーマカレーを決めたいと思います。前述の通り、「香り高く、贅沢かつ複雑なスパイスの深い味が感じられ、旨みが濃厚。そして、ちゃんとカレーとしての食べごたえもあること」というのが今回の審査基準です。

 その結果、優勝は成城石井の「キーマカリー」(301円)。これはほかと比べて、ダントツに超優秀なレトルト・キーマカレーでした。ただし、300円超えというのはコンビニの各商品と比べるとお高めなので、当然といえば当然かもしれません。素材やスパイスに相当こだわっていると思われます。その点で言えば、成城石井より高いカルディの「キーマカレー」(308円)はやや期待はずれ。

 準優勝はセブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」(192円)とローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」(208円)です。前者(セブン)は牛肉のゴロゴロ感とその旨み、そして濃厚なコクが身上。また、後者(ローソン)は香りもスパイス感もあって、大豆肉なのにコクがあるのがイイ。どちらもお手頃価格なのも嬉しいですよね。

【最終結果】
優勝:成城石井「キーマカリー」
2位:セブンイレブン「濃厚な牛ひき肉の旨み キーマカレー」
3位:ローソン「スパイス香るDAIZU MEAT キーマカレー」

(撮影・文◎土原亜子)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/2 10:50
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます