「ネクスト千鳥・かまいたち」見取り図が遭った「ハレンチ事故」と“猫かぶり”リリーの「渡部建・東ブクロ級下半身」不安!

拡大画像を見る

 9月29日、お笑いコンビ・見取り図のABEMA初の冠番組『東京スケッチ』の「#4」が放送休止となることが発表された。一部で批判を受けたため、番組内容をリニューアルするという。

 ABEMA公式サイトでは「この度『東京スケッチ』の一部企画について、番組に関わる皆様に企画の趣旨をご理解いただき企画、制作しておりますが、放送後SNS等にて番組に関するご意見を頂戴いたしました」とし、「いただいたご意見を真摯に受け止め、番組内容をリニューアルいたします」と発表した。

『東京スケッチ』は、2021年に大阪から上京してきた見取り図の盛山晋太郎(35)とリリー(37)が、未知なる東京のカルチャーとふれあい、ディープでドープな仲間の輪を広げていくバラエティ番組で、9月8日よりスタート。

 しかし、9月22日に放送された企画「トーキョー留守宅探訪」に対し、SNSを中心に批判や疑問を呈する声が多数上がってしまった。

 同企画は見取り図の2人が「東京のリアルな暮らし」を学ぶため、東京で働く面識のない女性宅を留守中に訪問するという内容だった。

 番組冒頭、盛山が「犯罪番組やん」と指摘したものの、スタッフからカギを手渡されると「女子ってのが嬉しいね」「オッサンとかやったら灯油まいて帰るだけ」とコメントしていた。

 2人は女性宅に上がり込み、部屋の中を物色。洗濯機に入った下着らしきものをリリーが「ロケが終わるまで御守りとして」と自身のポケットに入れる様子も放送された。また、卒業アルバムを開いて家主の女性を特定しようとしたり、就活の際に綴った日記を読んだりもしていた。

 テロップでは「家主に許可を頂き 鍵をお借りしました」と説明があったものの、放送後、SNSには「ただの犯罪番組」「許可取ってるからいいわけじゃないよね」「女性の留守宅に男が入り込むという番組企画自体が正気じゃない」といった批判のコメントが寄せられてしまった。

■全国ネット初冠番組も……“犯罪番組”が絶好調・見取り図に“ケチ”

 9月29日、盛山は自身のツイッターを更新。「日頃より応援してくださる皆様、いつもありがとうございます。ABEMA『東京スケッチ』に関して、今後の放送に変更があります。詳しくはHPをご確認くださいますと幸いです! 今後ともよろしくお願い致します!」とコメントしている。

「見取り図といえば、昨年の『M-1グランプリ』で3位に輝いて以降、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍をしています。全国ネットと関西で8本のレギュラー番組に出演。千鳥、かまいたちに続くのは見取り図、と多くのお笑い関係者が口をそろえますね」(バラエティ番組ディレクター)

 見取り図は「劇場番長」と称されるほど、劇場での漫才にも定評があり、3年連続で『M-1』の決勝戦に進出している実力派だ。

「舞台を大切にする彼らの評価は本当に高い。また現在は、お茶の間には盛山さんの甲高い声のツッコミやラッパーキャラがウケていますが、実はリリーさんの芸人としてのパワーは底知れないものがある。盛山さんのキャラがウケている今はそこを全面に押し出し、その後、今はまだ“爪を隠している”リリーさんの破天荒な持ち味を出していこう、というのが見取り図の戦略のようです」(前同)

 そして、満を持して9月から『東京スケッチ』がスタート。また、9月30日には見取り図にとって初の全国ネットでの冠番組『見取り図の間取り図ミステリー』(日本テレビ系)も放送された。

「『東京スケッチ』で批判を受けた企画でも、リリーさんが下着をポケットに入れたり、その破天荒な一面も垣間見えました。SNSには反発が多数上がってしまいましたが、ただ、見取り図の2人は番組サイドから用意された役割を見事にこなしただけとも言える。しかし、この一件で“ケチ”がついてしまったとも言えそうです」(同)

■リリーは「月2桁の新しい女性と関係」

 見取り図には大阪時代の“不発弾”もくすぶっているという。前出のバラエティ番組ディレクターが続ける。

「その不発弾というのがリリーさんの“下半身問題”です。彼は自他ともに認める女好きで、盛山さんもラジオで“頼むからタチの悪い女遊びはやめてくれ”と注意するほどなんです」

 リリーは「note」に自身の日常や思ったことを綴っているが、中には「はやく気軽にコンパとかできる世の中になって欲しいな」「高感度あがれ。。。上がってモテろ!ちゃんねー寄ってきてくれ!!!」といった文章も散見される。

 また、コンビのYouTubeチャンネル『見取り図ディスカバリーチャンネル』に2020年11月にアップされた「【リリー100の質問】謎多き男リリーを丸裸に!」で、リリーは自身の性格を「ピュア」と答えたが、これに盛山は「月2桁の新しい女性と関係を持ってるやつがピュアなわけないやろ」と驚きの情報を暴露。これをリリーも「コロナ禍前の話な」と否定はしなかった。

 動画では、リリーが今まで告白された人数を「20~30人」と明かしており、彼のプレイボーイぶりも明らかになった。

■リリーにくすぶる「アンジャッシュ・渡部&さらば青春の光・東ブクロ級」の“不発弾”

「自ら公言しているように、リリーさんはかなりの女好きで、女遊びも激しいようです。ただ、それでもなんら問題にならなかったのは、“芸人はどうせ遊んでいるでしょ”という大阪の空気感というか、寛容さがあるからでしょう。

 しかし、現在、全国ネットのゴールデンやプライムの番組に出演するようなタレントは、独身芸人であっても、その言動に“清廉性”が求められるという厳しい時代になってきています。

 また、リリーさんは清潔感を感じさせるイケメンであるからこそ、いざハードな女性問題が報じられた際にはより大きなマイナスになる可能性もあるでしょう。千鳥の大悟さん(41)はたびたび不倫疑惑が報じられていますが、彼はいかにも“やりそうな”ビジュアル、言動をしていますから視聴者も“やっぱりそうなんだ”と思う程度で、不思議と炎上しませんよね。

 ただ、あれは、大悟さんが奇跡的な存在だから。キツイ女性問題が報じられてしまったら、リリーさんは許されないような気がしますね……」(前出のバラエティ番組ディレクター)

 たしかに、アンジャッシュの渡部建(49)の例もあるように、清潔感があり、好感度が高い芸人のゲスなスキャンダルのほうがダメージは大きいのは明らかだろう。

「リリーさんには、同期にあたるさらば青春の光の東ブクロさん(35)級の“不発弾”がくすぶっているともささやかれています。ただ、東ブクロさん級はさすがにまずい。東京進出にあたってそのあたりのことは清算しているのではないでしょうか。

 またリリーさんは、問題となった『東京スケッチ』などでも、徐々に自身のゲスさを感じさせる動きをしていますよね。今後、渡部さんのような落差からくる大ダメージを回避するためにも、自分はイケメンキャラではなく破天荒だ、というところを出していくのではないでしょうか」(前同)

 多くのお笑い関係者が「実力はピカイチ」と認める“劇場番長”見取り図は、千鳥、かまいたちに続いて、超売れっ子芸人の仲間入りを果たすことができるのだろうか!?

関連リンク

  • 10/2 10:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます