ネイル後に激しい痛みを感じた女性 感染症により親指の先端を切断する事態に(ブラジル)

拡大画像を見る

ブラジルのリオデジャネイロ州ドゥケ・デ・カシアス在住のジェニファー・ソウザさん(Jenneffer Souza)はある日、ネイルサロンにて爪を強化するために用いられるファイバーグラスネイルを指先に施した。

その数日後、ジェニファーさんは親指に痛みを感じ始めたという。しかし「爪の部分に痛みを感じましたが、私にとっては普通のことでしたから」とジェニファーさんは自己判断して、病院には行かなかったという。

ところが痛みを感じていた親指の先端は大きく腫れ上がってしまい、仕事にも支障が出てきたのでようやく病院に向かった。

ジェニファーさんは病院で抗炎症剤や抗生物質などの薬をもらい、その日は帰宅した。薬を飲んで症状が落ち着けばよかったのだが、ジェニファーさんの親指からは膿が出始め、さらには爪が黒く変色し激しい痛みに襲われた。異常事態に焦ったジェニファーさんは、再び病院を訪れた。

悪化した親指の状態に、医師は“蜂窩織炎(ほうかしきえん)”という感染症に発展していると考えた。“蜂巣炎(ほうそうえん)”とも呼ばれるこの皮膚の病気は、傷口から入った細菌が皮膚のさらに深い場所である皮下脂肪にかけて侵入することで起こる感染症だ。

人間の皮膚は細菌が体の深くまで侵入しないようなつくりになっているが、引っかき傷や小さな刺し傷、ヤケドの傷跡などがきっかけで細菌が深層部にまで入ることで感染症を引き起こしてしまう。特に蜂窩織炎は、皮膚に傷が無くても発症する場合があるという。

今回、ネイル施術時に親指に傷があったと報道されており、これがきっかけで蜂窩織炎を発症してしまったとみられている。ジェニファーさんは医師の判断により、親指の先端を切断せざるを得なくなってしまった。

すでに2回の手術を受け13日間入院しているというジェニファーさんは、さらにもう1回手術を受ける必要があり、退院時期は未定という。

ジェニファーさんの親指にあった傷がどの程度の大きさだったのかは明かされていないが、「ネイルをして指先を失うことになるなんて、誰も想像しないですよ。トラウマですね」と恐怖の経験についてコメントした。

なお医師はつけ爪などを行う前に、傷がある場合には治るまで待つことを推奨している。

画像は『The Sun 2021年9月28日付「NAIL FAIL Woman has thumb amputated after gluing false nail over wound causing horror infection to ooze puss」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 10/2 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます