川本真琴、恋の急展開!意中の人に振られて2日後に「彼氏できました」

拡大画像を見る

 風雲急すぎて、ついていけない!?

 シンガーソングライターの川本真琴(47)が9月28日、自身のツイッターで意中の男性にフラれたことを明かした。

「また振られちゃった。好きだったのは自分だけだったみたい。そんなふうには思えなかったんだけどな」という川本の告白から推測すると、出会って1カ月という男性とは、本人の中で「両想い」の手応えがあったようだ。しかし、「だけど、なんか不安だった。なんでかはっきりわからないし、それ以上は聞けなかった。でも、はっきり聞いたの。嘘みたいな人間関係はいやだし。彼には好きな人が他にいたの」と、結局は相手には別に好きな人がいたことが判明したとのこと。

 そんな悲しい結末を投稿した(現在は削除)理由としては「どっちが悪いとかいいの話じゃなく落ち込んでるから書いてるだけ。誰かに聞いてほしい」と説明。「だけどこうやって書くと、いかにも被害者っぽく聞こえるかもだけど、それはちがって、わたしもばかなところとかクズなところとかめちゃめちゃあるので、私は人のことをとやかく言えるような立派な人間じゃないのは確かだw」と吐露していたのだ。

 ところが急転、2日後の30日には「いろんな展開あり、彼氏ができました」と投稿。「皆様にはいつも心配かけてしまっているので、たまにはよい報告もしてみました」とファンに感謝し、「いま、落ち込んでいる人、悲しい思いをしている人、大変な状況の方々がいると思います。少しでも自分が楽しい!と思える方を選んでいってね。ハピシェア」とつづっている。

 でも、このあまりの展開の速さにニュースを見た人たちからは、「彼氏できましたってわざわざツイッターで言わなくても」「別に恋愛するのは自由だけど、いちいちSNSにアップするところ、本当に引く」「どうでもいい報告して、相当なかまってちゃんだよな」などと、逐一、失恋や恋愛報告をする川本の行動に首をかしげる意見が多く見られている。

「川本さんの男女問題といえば、2016年にお笑い芸人の狩野英孝との交際が発覚していますが、それがなんと8股というとんでもない多重交際だったというオチが話題に。その時、川本さんは『特定の人へのメッセージです。わたしの彼氏を取らないでください』と宣戦布告して世間を驚かせました。また、狩野さんが女性問題による無期限謹慎を経て活動再開させたタイミングで『おまえをみてる』というタイトルの絵をツイッターで公開したりといった行為が何かと恐ろしがられました。これについては本人は無関係と否定していましたが、今回のように、何でもかんでもSNSで公表してしまう“共有癖”が仇になっているような気がしますね」(女性誌ライター)

 見た目はまだまだ若々しく、可愛らしさを残している川本。ツイートには「これ、また批判されるんだろうか」と綴っていたが、批判ではなく「誰かに聞いてほしいなら不特定多数に拡散しないで、相談に乗ってくれる友人をつくったほうがいいのでは?」というネット民の意見がもっとも建設的かも。

(山田ここ)

関連リンク

  • 10/1 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます